まほろばに神鹿を追って

Chasser le cerf de Dieu à Nara

現実を学んで妄想を育む ~地理情報システム①~

3月11日から本日まで、
奈良大学通信の在宅スクーリング、
地理情報システムを受けておりました。
さきほど、
課題レポートを仕上げました。


11日金曜日と12日土曜日と2日間、
Zoomによるオンライン授業があり、
これ当初は平日が仕事だったのですが
有給が認められ、
それプラス水曜日に怪我をして
金曜まで3日間病休となり、
痛みを圧しながら講義に参加しました。

現地参加に回そうか悩んだのですが、
奈良大学通信教育部の事務局の方々の
配慮がきめ細かくて、
オンライン授業を受けることに。

講義参加者は6名でした。
少人数制、ゼミやん!
ご担当の芝田先生はお若い方で、
職場の医局の大学院生の先生方と
かぶってしまいました。
フレッシュな心地で
オンライン授業2日間、楽しめました。


講義内容を開示はしませんが、
Zoom等のミーティングアプリと
PowerPoint等のプレゼンアプリは
使用できたほうが良いかも、でした。

情報とは、現実を追求するもの。
古代びとの地図は、
もしかしたら映像記憶の能力者が
心に秘匿されたものなのかもしれない。
古事記以前の歴史を丸暗記していた
稗田阿礼のように。

現実を学んで妄想を育む。
実に私らしい成果では。


エリュトラー海案内記 1 (東洋文庫)
久しぶりに
『エリュトラー海案内記』を
読みたくなりました。
エリュトラーとはギリシア語で赤。
紅海を含むアラビア海インド洋まで
名も無きギリシア商人が遺した、
古代ローマの東の海の記録です。