まほろばに神鹿を追って

Chasser le cerf de Dieu à Nara

研究対象とは、恋愛対象みたいなもの。 ~文化財学演習Ⅰ・Ⅱ② データ処理論② 社会学基礎②~

冬季前半スクーリングの成績通知書が
昨日奈良大学より届きました。


f:id:keikakeikakeika:20220304164645j:plain
f:id:keikakeikakeika:20220304164727j:plain
f:id:keikakeikakeika:20220304164835j:plain
f:id:keikakeikakeika:20220304164906j:plain
オール優。
勝てば官軍、ですね。
スクーリングは、参加すれば必ず
合格はいただけます。
ただし、この合格の内容、
私が知っているだけで
3パターン有ります。


① 全員一律80点
文化財学講読Ⅱ

② 全員一律80点「以上」
・仏教考古学

③ 60点未満(不合格)はつけない
・奈良文化論


私が現地参加したスクーリングが
上記3科目で、3パターン。

神話伝承論は①と聞きました。
歴史地理学は③です。
土平先生、
動画できちんと明言されていました。

私は当初、スクーリングは
すべて①か②と思っていたので、
奈良文化論で手抜きのレポートを書き、
80点未満の成績となりました。
正直、採点のスタンスは前もって
開示していただきたかった。
いや、どんな状況でも、
手を抜いた私が一番悪い。
それ以来、すべてのスクーリング科目、
気を抜かずにレポートを書いています。


今回の4科目の成績結果。
文化財学演習Ⅰとデータ処理論は①、
文化財学演習Ⅱと社会学基礎は②か③、
にグループ分けできるのでは。


f:id:keikakeikakeika:20220304164835j:plain
データ処理論は
気張って飛鳥へ取材にも行ったので、
80点はちょっと寂しい気もします。
でも、おそらく、
博愛ゆえの80点だと思います。


f:id:keikakeikakeika:20220304164906j:plain
社会学基礎なんて、
90点もとれた意義を知りたい。
講評がないのが残念です。
なんで高得点なのか、知りたい!
内山永久寺と能楽について、
レポート課題の題材にしました。


f:id:keikakeikakeika:20220304164727j:plain
同じく90点とれた文化財学演習Ⅱ、
これは①に分類されると思っていたので、
90点もとれてびっくりしました。
参加者6名への講評に毀誉褒貶なく、
小林先生やさしいなあ、としみじみ。


研究テーマの蝉に関する問題は、古代の日本人、そして東アジアの精神世界を考える上で興味深いです。研究内容にあるように、この問題に関して東大寺の金堂鎮壇具は重要です。参考文献では、国内外の関連資料を多数収集しており、研究目的やそれを明確にする研究史についての知識が相当に整理されているようです。仏教史や宗教史なども参照しつつ、今後も研究を進めてください。


小林先生、皆に平等にやさしいので、
なんで私が90点なのかわからない。
いつかお訊ねに伺いますか。


f:id:keikakeikakeika:20220304164645j:plain
文化財学演習Ⅰは①でしょうか。
25名が受講されていました。
先輩のツツコワケさんが受講された
現地スクーリングは80名も数えたそう。
隔世の感。


研究テーマの具体的な内容と、参考文献一覧を見て、すでに論旨はできており、あとは卒業論文を書くだけの状況かと思います。
ただし、研究は予想通りに行かない方が面白いこともあります。
研究のプロセスを楽しんで続けてください。


豊島先生の講評、
なんだろう、煽動的!
焚きつけられているようで、
降りかかる火の粉を
払わざるを得ないような。

ちなみに、演習ⅠもⅡも、
私の研究テーマ報告書は最後尾、
しんがりを務めておりました。
なんでだろ? 古参だから?


受講者の皆さんの報告書と
それに対する先生からの講評、
ほんとうに興味深くて、
楽しんで読みふけりました。
人それぞれの想い、
その人となりまで透けて見えて、
なんだかLove Letterを覗いているよう。

みんなから読まれるって、
もう少し意識すべきでした。

f:id:keikakeikakeika:20220304165336j:plain
by kintetsu

研究対象とは、恋愛対象みたいなもの。
私の恋も、皆さんの恋も、
どうかめでたく叶いますように。