奈良大学通信まよい鹿

奈良大学通信教育部に入学しました

千虚不如一實の奈良の冬 ~ならまち工房Ⅲ 玄(げん) 奈良ホテル~

f:id:keikakeikakeika:20211205004719j:plain
12月4日11時、
ならまちの蕎麦処『玄』の門前。
奈良県民は意外と行った人は少ない、
通好みの蕎麦屋さんです。

奈良テレビの情報番組『角角鹿鹿』で
加藤雅也さんが玄を訪れられたとき
「食べたことのない蕎麦」と仰られ、
それ以来「前代未聞の蕎麦」を
食べたくなりまして。

12月は私の誕生月でもあり、
お祝いの膳も兼ね、
1か月前に予約を入れました。
打つ蕎麦の量が限られているので、
玄は予約を入れないと
絶対に食べられません。

11時30分の予約時間より早く着き、
ご亭主から「25分に来てください」
と促され、時間つぶしにならまち散策。


f:id:keikakeikakeika:20211205004802j:plain
ならまち工房Ⅲに来ました。
おー、今回も猫ちゃんが屋根に!


keika1216keika.hatenablog.com
以前もこの屋根に猫がいました。


f:id:keikakeikakeika:20211205004827j:plain
耳がカットされた地域猫たち。
ここは猫が大切にされている、
すばらしい商業施設です。
避妊手術された保護猫の
里親募集もされています。

今住んでいるマンションは
基本的に動物飼育禁止なので
我が家は里親にはなれないのですが、
もし猫を迎い入れることが可能なら
地域猫一択です。


f:id:keikakeikakeika:20211205004854j:plain
心霊写真?


f:id:keikakeikakeika:20211205004916j:plain
右手、大乗院庭園と奈良ホテル


f:id:keikakeikakeika:20211205004948j:plain
見てる見てる!


f:id:keikakeikakeika:20211205005015j:plain
綺麗な猫です。


f:id:keikakeikakeika:20211205005032j:plain
すんごい威厳。


f:id:keikakeikakeika:20211205005101j:plain
寝ました。


f:id:keikakeikakeika:20211205005120j:plain
11時25分、玄へ。
なんかね、お茶室っぽい。


f:id:keikakeikakeika:20211205005144j:plain
せいろ蕎麦、水蕎麦とも。
そのまま、塩、おつゆ、
と段階を踏まえて食べます。
今日は地鶏汁がありました。


f:id:keikakeikakeika:20211205005206j:plain
食材が混ぜ物無しの一級品と
すぐわかりました。
素麵のように細く、弾力に富み、
うーん、確かにこれは、
食べたことのない蕎麦!


f:id:keikakeikakeika:20211205005227j:plain
息子は田舎蕎麦。
挽きぐるみの蕎麦です。
「山葵も美味しいよ」と息子。
香りが段違いです。
山葵の器、栄螺の形。
器がどれも念の入ったもの。


f:id:keikakeikakeika:20211205005306j:plain
蕎麦豆腐。
湯葉と味噌納豆と山葵を載せ。
え、これ何?
ぷりぷり、しゃきしゃき、
ほんとうに、食べたことない食感!


f:id:keikakeikakeika:20211205005329j:plain
蕎麦がき。げっきうま。
息子が貪り喰らっていました。
蕎麦湯も葛湯のように濃厚で、
懐石料理をいただいているようで、
やっぱりお茶席に呼ばれた感じです。


f:id:keikakeikakeika:20211205005651j:plain
主人の席は床の間の前、
和室の正客の席で、
背後の掛け軸がますますお茶席っぽい。
揮毫者の東大寺公敬とは、
東大寺長老の北河原公敬猊下です。
東大寺福祉療育病院でのお祭りで、
私も息子も猊下にお会いしました。
「千虚不如一實」とは、納得。


f:id:keikakeikakeika:20211205005348j:plain
蕎麦饅頭。
蕎麦粉って、風味豊かで、
葛粉みたいな食感。
やっぱり餡子は甘くない、上品。
これはもう、お茶席です。


f:id:keikakeikakeika:20211205005421j:plain
なんだろ、蕎麦屋というより、
茶道の初釜に招かれたような。
これは人を選ぶお店。
はまる人は、はまる、でしょうか。
そもさん! せっぱ! 
試される禅寺のような。

あしたのジョー』の丹下段平みたいに
冷酒と共に掻きこむ笊蕎麦とは異なる。
蕎麦って庶民のものだと思うのですが、
なんでも極めれば風格が伴うようで。

「ママが満足できたらOK」
と主人と息子。


f:id:keikakeikakeika:20211205005515j:plain
お付き合いいただき、
ありがとうございました。
誕生月の良い想い出になりました。


f:id:keikakeikakeika:20211205005537j:plain
聖ラファエル教会側の裏門から
奈良ホテルのフロントへ。
近道です。


f:id:keikakeikakeika:20211205005601j:plain
奈良の迎賓館。
古い木造なのでやっぱり冷える。


f:id:keikakeikakeika:20211205005620j:plain
私には奈良ホテル
自腹で行くところではないのです。
接待のお相伴として、
金魚のフンとして、漂うところ。

それでも
人生には姿勢を正す機会も必要で。

千虚不如一實の奈良の冬。
寒さもなにくそ、
気合を入れて闊歩しました。