まほろばに神鹿を追って

Chasser le cerf de Dieu à Nara

道の辺の壱師の花のいちしろく人皆知りぬわが恋妻は ~農家カフェけやき、石上神宮~

日曜日、
主人の1回目のワクチン接種。
9時前に会場に着いて、9時半に終了。
主人「痛くも痒くもない」との言。
私も確か5月、
肩まであがらない服を着てしまい、
「こんな服着てすみません脱ぎます!」
「いや瓊花さん脱がなくていい!」
と先生とワーワー言い合っている間に
接種は終わりました、痛くも痒くもなく。
2回目の接種後は、
副反応で2週間安眠できませんでしたが。


f:id:keikakeikakeika:20210919205206j:plain
平群の本屋さんに立ち寄って、天理へ。
斑鳩法隆寺門前を横切りました。
この道、狭くて混むのです。
10代の頃は実家から法隆寺まで10㎞、
ゆっくり1時間、自転車で走りました。
電車の便の悪い奈良県の子どもは
30㎞程度なら余裕で自転車を漕ぎます。


f:id:keikakeikakeika:20210919205232j:plain
大和川沿いの堤防を西から東へ。
地元民は混まない裏道を通ります。
対向しにくいので、
運転の上手い方限定です。


f:id:keikakeikakeika:20210919205318j:plain
天理の農家カフェ、けやきさん。
この日は息子の11回目の誕生日。
季節のスペシャルランチでお祝い。
息子の大好物です。

・大和茄子のチーズ焼き
・バターナッツ南瓜とレーズンの
 塩麹ロースト
空心菜の中華炒め
金時草と素麺南瓜の酢の物
・いろいろ野菜のハンバーグ風
つるむらさきのナムル
・コリンキーとビーツのサラダ
・黒米ごはん
・モロヘイヤのお味噌汁

うっかりして、予約を入れるのを
当日まで忘れていました。
しかしけやきさん、
私の名前を覚えていてくださって、
先約でいっぱいいっぱいのところを
わざわざ一席設けてくださいました。


f:id:keikakeikakeika:20210919205349j:plain
デザートはレモンシフォンケーキと
栗のタルト。

前日までの予約なら
誕生日プレートもOKでしたが、
仕方ありません。


f:id:keikakeikakeika:20210919205424j:plain
けやきさんのお食事デッキは
ビニールハウスの屋根なので、
陽射しが良くなると覿面に暑くなります。
ツクツクボウシが鳴きだし、
これはかき氷を食べるべきだと決断。

苺のかき氷。
自家製苺ジャムのソース、美味しい。
苺そのものも、自家製。
奈良の最近のかき氷、
氷が薄くて口当たりが最高です。

かき氷はおなかを壊すので苦手ですが、
こんな良質なかき氷なら、
それも暑いデッキで食べるなら、
体温が下がって良い塩梅です。
それでも、家族3人で1つで充分量。


f:id:keikakeikakeika:20210919205449j:plain
1年に1回の訪れ、
なのに覚えていてくださって、
ありがたいお店です。


f:id:keikakeikakeika:20210919205532j:plain
当然、石上神宮へお参り。
拝殿、彩色塗替工事中でした。
えー! 息子、でっか!
11歳男子、もう155㎝です。
私、追い抜かれるのもそのうち。


f:id:keikakeikakeika:20210919205604j:plain
石上神宮の北、大念寺、
ここらあたり彼岸花の名所。
天気が良過ぎて、草臥れていますが。


f:id:keikakeikakeika:20210919205642j:plain
天理環状線、駐車場までの道沿い、
目を奪われる朱の群れ。


f:id:keikakeikakeika:20210919205808j:plain
美しい。
これはお見事。


f:id:keikakeikakeika:20210919205857j:plain
路邊 壹師花 灼然 人皆知 我戀孋

道の辺の 壱師の花の いちしろく
人皆知りぬ わが恋妻は
柿本人麻呂万葉集』(巻十一・2480)

路のほとりの壱師の花のようにはっきりと
人はみんな知ってしまった
私の恋しい妻を 
中西進万葉集』(三)


f:id:keikakeikakeika:20210919205920j:plain
壱師の花とは、彼岸花と考えられます。
万葉集4500首もの歌を数えるなか、
唯一詠まれた彼岸花の歌です。

人麻呂の妻が
どれほど的皪と鮮やかで、
且つ寡黙で神秘的な女性だったのか、
言わずもがなで伝わります。

壱師の花、彼岸花
曼珠沙華は余計な枝や葉もなく、
ただ花弁のみ。
蝋燭のように音もなく燃える炎です。


f:id:keikakeikakeika:20210919205940j:plain
11本の蝋燭、
さあ、息子、火を吹き消して!