奈良大学通信まよい鹿

奈良大学通信教育部に入学しました

天涯比隣の如し ~奈良大学通信Zoom交流会②~

昨日の奈良大学通信学生Zoom交流会、
たいへん有意義なものでした。
用事があって30分だけの参加予定が、
巧く用事をさばき、2時間参加可能。
私を含め、参加者は7名。
この4月に入学された方、
もう卒論を書き上げた方、
幅広い層が寄り合い、楽しかったです。

シルクロード学で90点を取られた方を
初めて知れて大感激!
(私が知っている限り、
80点取られた方が最高得点でした)
Yさん(敢えてヘボン式で書きます)の
卒論、読みたくなりました。
卒論のために渡航まで計画されていた、
なんて素晴らしい!
何かに挑戦するために奈良大学通信の
門をたたいた方(私も鼓舞されました)、
奈良で学ぶために自ずと辿り着かれた方、
卒論の題材選びに千思万考される方、
一生懸命な方々は皆等しく魅力的です。

Zoom交流会を主宰してくださった
Kさん、ありがとうございました。
お寿司をつまみつつビールを嗜まれる
ざっくばらんとされたその姿に
招待された面々、緊張もほぐれたかと。
私も緑茶の冷茶をがぶ飲みしていました。
あと、職場に口紅を忘れてしまい、
すると顔色がたいへん悪いので、
マスクをかけて参加しました。

Zoomは、
何も顔出ししなくてもいいので、
どうかたくさんの学生の参加を
望みます。
Kさん、きっと定期的に交流会を
立ちあげてくださると思います。

私は奈良大学通信の掲示板に
チャットは書き込みませんが、
Zoom交流会には参加します。

メールの文面より、
直に会って話す言葉を、
私は信じます。


天涯比隣の如し
《王勃「杜少府之任蜀州」から》遠い所にいても心は常に通っていて、隣に住んでいるのと同じように親しく思われる。


f:id:keikakeikakeika:20210710221825j:plain
交流会の後、奈良テレビ放送
加藤雅也の角角鹿鹿』を視ました。
今回は、生駒山をめぐる旅でした。
奈良から大阪まで線路を通すため、
生駒山トンネル掘削の莫大な費用に、
近鉄は破産しかけました。
それを救ったのが、生駒山の寶山寺。
「うちの賽銭、つこてくんなはれ」と。
生駒の聖天さん、さすがです。

奈良県出身の俳優、加藤雅也氏、
奈良のPRに邁進されています。
加藤さん昔はもう、近寄りがたい、
怖いくらいのイケメンでした。
年輪が積み重なり、
肩肘の力が抜けた、軽妙洒脱な、
おもろい奈良のおっちゃんになられ、
それもますます素敵です。

県立奈良高校出身の秀才でもあり、
加藤さん、いつか奈良県知事に!
そしたら日本の知事で一番の
イケメン知事となられるでしょう。

加藤雅也さん、
遠いようで近い、奈良のスタアです。