奈良大学通信まよい鹿

奈良大学通信教育部に入学しました

おまえの光は、今、どこにある? ~葛木御歳神社から船宿寺へ~

神々は奇数がお好き。特に、3。
宗像三女神よろしく、
奈良県南部の吉野連峰にも
丹生川上神社三社が鎮座坐す。
この、近つ宮・中つ宮・奥つ宮の形式は、
日本の祈りの構造としてpopsです。

奈良盆地南西部、葛城地方、
神代から鴨氏が祀る古社も、
上記の構造で配置されているのです。
鴨三社は平地から奥つ城まで見て、
下鴨社:鴨都波神社(かもつば)神社、
中鴨社:葛木御歳(かつらぎみとし)神社、
上鴨社:高鴨(たかかも)神社となります。
いずれも国家鎮護を担う名神大社です。

ちなみに、いわゆる日本最古の神社、
当然ながらこれは一つに絞れません。
ざっくりと神代から続く神社を
奈良盆地に限定すれば、
三輪氏の大神神社物部氏石上神宮
葛城氏の葛城一言主神社
そして鴨氏の鴨三社、となります。

先ず、葛城氏と鴨氏の関係性について、
これも神代から端を発することなので
漠として杳としていますが、
政治は葛城氏で祭祀は鴨氏、
そう、藤原氏と中臣氏のように、
職種を分けていたのではないでしょうか。

まさに、日本の黎明の歴史を紐解くと、
やはりヤマトという土地には
一目置かざるを得なくなります。


f:id:keikakeikakeika:20210530230126j:plain
鴨三社のうち、私が未踏の神社、
葛木御歳神社に昨日ようやく
お参り叶いました。
なんてまばゆい、光あふれる境内、
地には蛙、空には蝶が舞い遊ぶ、
初夏の生き生きとした気配に満ちている。
それが初見の感想でした。


f:id:keikakeikakeika:20210530232154j:plain
木立から葛城山を望めます。
こちらの神社がどれほど格式高いかは、
丁寧に綴られたホームページをご覧あれ。

www.mitoshijinja.jp

私もたまたまネットサーフィン中に、
ずっとお参りしそびれたままの
この鴨の古社に辿り着けたのです。


f:id:keikakeikakeika:20210530232748j:plain
こぢんまりとした境内ですが、
とても優しく清らかな印象。

平安初期には朝廷が任命した神祇官
拒否したと記録されるほど
権威を奮った名神大社が、
なんと10数年前には荒廃して
朽ち果てかけていたそうです。

御歳神社が坐す御所市は過疎の町です。
少子化以前に、若い世帯が少ない。
当然ながら氏子さんも減り、
神社の維持が難しかったそうです。

妖怪が出そうなほど荒みきり、
地図には記載されていても
誰も訪れられない、そんな寂しい
神社になってしまっていたのです。


f:id:keikakeikakeika:20210530232829j:plain
それを中興されたのが当代の宮司様、
東川(うのかわ)優子さんです。

宮司さんの
人となりや歩んでこられた道は、
どうぞホームページをご覧ください。
頭が下がるの一言です。

国立の名門、
奈良女子大学で環境生物学を学ばれ、
紆余曲折を経たのち、皇學館大学
神道を修められ首席で卒業。
そんな才媛の中の才媛の宮司さん、
実際お話してみると、
リケジョの理路整然さと同時に
ハートのたぎる血潮が読み取れて、
「ああ、滅多にいないけど、
こんな先生、いらっしゃる。
ほんとうに勉強と人間が好きで、
学ぶ教える、両方とも好きな先生が」
と、私の中で「先生」認定されました。


f:id:keikakeikakeika:20210530232910j:plain
クラウドファンディングで造営された
祖霊社。
先ず行動ありきの宮司さん、
氏子さんを増やせられない現状、
ならば全国に支援者を募られたのです。

歳神様とはどういった神様なのか、
宮司さんから教えていただきました。
普段は山にお住いの歳神様ですが
お正月になると山から降りられ、
人々へ餅をお年玉として授けられると、
また山へ帰って行かれる。
つまり、稲の神様なのだと。

お節は歳神様と一緒に食べるもので、
だから祝箸の両端は
双方とも口をつけられるように
細められている、
神と人と一緒に食べているのだと。

私と主人と息子、一様に感激。
これは重要な神様だと、再認識。
歳神様が山から降りてこられないと、
人は餓えてしまうことになります。

祖霊社は、永年祭祀として
こちらの神社に御魂を寄せる社です。
死後、どなたでもここで
眠らせていただけるそうです。
祖霊社の意匠は歳神様にあやかって、
とてもかわいい鏡餅です。

歳神様のお下がりのお餅は、
歳神様そのものを食べること。

神道が少しだけ、
わかったような気がしました。


f:id:keikakeikakeika:20210530233010j:plain
明るくて木陰は涼しくて、
ほんとうに心地良い境内。

帰宅して、宮司さんが中興される前の
神社の風景をネットで見たのですが、
暗くて鬱蒼として、怖くて近づけない、
そうとしか思えないものでした。

人の手が加えられないと、
人が来ないと、
神社には神様は降りてこられない。

神の依代は、人なのかもしれません。


f:id:keikakeikakeika:20210530233057j:plain
阿形の狛犬には炭治郎、
吽形の狛犬には善逸の前掛け。
鬼滅の刃』にちなんだ前掛けが、
支援者さんから奉納されたそうです。


f:id:keikakeikakeika:20210530233135j:plain
説明看板。
御神体の御歳山の写真。
山の奥宮には磐座があるそうです。
やはり、ね。


f:id:keikakeikakeika:20210530233454j:plain
息子、拝殿でおみくじを引く。
結果、小吉。
でも書いてあることはいいことばかり。
「おみくじ、もらって帰る」と息子。

宮司さんが単身管理しておられるので
時にご不在の場合もあり、
拝殿のお賽銭箱の横にお守りや御朱印
おいてあるのです。
お金は引き出しの箱に入れてください、
の一言が添えられ。

うーん、宮司さんなんて人が良いのか。
参拝者は人として、
カフェ兼社務所にお声かけしてから、
授与品の無人販売を利用すべきです。


f:id:keikakeikakeika:20210530233204j:plain
主人と息子。ラブラブ。
「パパ、宮司さんのカフェ、
今はお休みしてるけど
7月からまた開くんだよね。
ごはん食べに行こうね」

神社に人が集まるように、
クラウドファンディング
宮司さんはカフェを作られました。
イベントも質の良いものを
行っておられます。

小さくなってしまった名神大社
私もお気持ちだけですが、
お力添えをすることにしました。
宮司さん、喜んでくださいました。

「瓊花さんからいただいたメール、
ほんとうにうれしかった。
今日もわざわざ来ていただいて、
ありがとうございました。
また来てくださいね、ご家族で」

こんな綺麗な風の吹く神社さんと
御縁ができて、こちらこそ光栄です。


f:id:keikakeikakeika:20210530233553j:plain
御歳山の南側、船宿寺。
この機会に訪れてみることに。
右の山は葛城山、左の山は金剛山


f:id:keikakeikakeika:20210530233744j:plain
ひー、絶景!
さすが行基菩薩が開祖の寺。
最高の立地です。


f:id:keikakeikakeika:20210530234111j:plain
御歳山。
御歳神社はこの杜の北側。

行基さんは、舟形の石の上に
薬師如来を刻めとお告げを受け、
この地に庵を結びました。
だから、船宿寺と言うのだと。
その岩、古墳でしょうね、きっと。

御歳神社の裏に寺を建てる。
行基さん、何を考えていたのか。


f:id:keikakeikakeika:20210530233810j:plain
本堂の前、
夢遊病者のごとき息子。
蜻蛉を追いかけているのです。


f:id:keikakeikakeika:20210530233848j:plain
立派なお寺で、お庭もお花も
庭師さんが数人で手入れされて、
お宮と比べてはいけないのですが、
やっぱり頭の中で並べてしまいました。

お寺とお宮の違いではなく、
そこに人がどれだけ尽力するか、です。

御歳神社の宮司さんと
船宿寺の大黒さんは仲良しだそうで、
きっとこれからを模索されているはず。
私も気長に御歳山の南北が栄えることを
祈ることにしました。


f:id:keikakeikakeika:20210530233922j:plain
奈良県内に軟禁中の我々。
でも、Discovery Nara! です。


f:id:keikakeikakeika:20210530233945j:plain
御歳神社さんの新しい御朱印帳。
宮跡ピクニックでもおなじみ、
上村恭子さんのイラストです。

歳神様、
古事記』の系図では男性ですが、
女性であっても良いような気もします。
歳神様の妹神はお稲荷様、
宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)、
御食津神(みけつかみ)ですしね。

イラスト、実は、
宮司さんがモデルかもしれません。


f:id:keikakeikakeika:20210530234015j:plain
私、つい最近、
御朱印集めを辞めようと考えていまして、
そのときに御歳神社さんのことを知り。
しかし、月替わりの御朱印
私には神道の初心者テキストに思え。
宮司さん、心を込めて毎月歳時記を
記されているのです。
昨年度分、ホームページで読めます。

月替わりの御朱印をいただくために
御歳神社さんに通うことにしました。

神は山からお餅を携えて、
人に恵みを授けてくださる。
神は人を子どもとして、
ただ育んでくださる。

日本に生まれ、
良かったと思えるのです。


Where is thy lustre now?
おまえの光は、今、どこにある?

Wiliam Shakespeare
King Lear
シェイクスピアリア王