奈良大学通信まよい鹿

奈良大学通信教育部に入学しました

瓊花Solitude ~雨の唐招提寺~

f:id:keikakeikakeika:20210429185317j:plain
4月28日朝一番で、
唐招提寺にお参りしました。
と言いますのも、唐招提寺のHPで、
4月22日すでに瓊花が満開と知り、
おまけに30日には花が散るとまで。

御影堂での瓊花の公開は、
例年ゴールデンウィーク中となりますが、
今年は開花がとても早かったので
当然散るのもとても早いとの予想。
おまけに昭和の日、
29日の天気予報は大雨、
これは今日行くしかない、
と午前休をもらって馳せ参じたのです。


小雨模様の西ノ京、
写真家入江泰吉さん好みのwet-looking、
新緑が匂ってきます。


f:id:keikakeikakeika:20210429185348j:plain
雨の湿り気が、
緑を色濃く豊かに見せます。


f:id:keikakeikakeika:20210429185416j:plain
平日の朝イチ、誰もいない。
ひとりぼっち、なんて幸せ。


f:id:keikakeikakeika:20210429185448j:plain
御影堂まで瓊花の案内図。


f:id:keikakeikakeika:20210429185526j:plain
9時10分前。
まだ開いていない。


f:id:keikakeikakeika:20210429185641j:plain
時間つぶしにお手洗いへ。
すると、すぐ脇に、藤棚。


f:id:keikakeikakeika:20210429185708j:plain
遠く、唐招提寺の職員さんが
玉砂利を均す音しか聞こえない。

私と藤だけが対峙している。
この充足感。


f:id:keikakeikakeika:20210429185737j:plain
これはたまらん。
透き通る初夏の新緑。


f:id:keikakeikakeika:20210429185811j:plain
築地塀に著莪の花。
ああ、豊穣や、ほんまに。


f:id:keikakeikakeika:20210429185909j:plain
9時、御影堂開門。
私と2名の職員さんだけ。
いいんですか、贅沢やわ。

瓊花、大きいねえ。3mはあるかな。
草花というより樹に咲く花だから、
清楚なのに威厳がある。


f:id:keikakeikakeika:20210429185951j:plain
雨で少し花が落ちたよう。
でも、豪華、さすが。
瓊花の瓊は、たいそう美しいの意味。
名付け親は、隋の煬帝でしょうか。


f:id:keikakeikakeika:20210429190029j:plain
似ていますが紫陽花とちがって、
瓊花は必ず五弁です。
素朴ながらその規律性が、
中国皇帝を虜にしたのかもしれません。


f:id:keikakeikakeika:20210429190115j:plain
瓊花は隋の煬帝にたいそう愛されて
門外不出となった花。
しかし、蒙古襲来のせいで
一時は全滅したそうです。
うーん、モンゴル軍が通った後には
ぺんぺん草も生えない、まさに。


f:id:keikakeikakeika:20210429190144j:plain
コロナ対策でマスクをしていて、
しかも雨の中、
瓊花の芳香は幽かにしか聞けず、
それでも忍冬Honeysuckleに似た
冷たく甘い香りだとわかりました。

唐招提寺のお土産物屋で
瓊花のお香を買えますが、
あれはでも実物の香りとは
ちょっと異なります。

樹に咲く花の瑞々しい香りは、
なかなかお香では表し難いでしょう。
練り香水とかのほうが、
うまく表わせるんじゃないでしょうか。


f:id:keikakeikakeika:20210429190216j:plain
鑑真和上遷化(ご逝去)1200年の
昭和38年に、和上の故郷中国揚州より
瓊花が唐招提寺に贈られました。
その1株が今は10株となり、
美しい女王と王女の群れのよう。

重ね重ね、隋の煬帝
良い趣味の持ち主だと思います。
勝てば官軍負ければ賊軍、
その諺通りの不遇な皇帝だとも。

唐招提寺では御影堂の他に御廟、
上陸地の佐賀県、皇居、
そして東大寺に瓊花は咲いています。


f:id:keikakeikakeika:20210429190355j:plain
御影堂から開山堂を眺める。
すばらしい、新緑の玉手箱。


f:id:keikakeikakeika:20210429190418j:plain
開山堂には和上の御身代わり像が。
ご挨拶をして、講堂、鼓楼、
東堂、礼堂の伽藍を眺める。
心の掌にすっぽりと納まる、
私の天平の想い出箱。


f:id:keikakeikakeika:20210429190451j:plain
やっぱり御廟に向かわないと。
うぬぼれうぬぼれ、
私って和上に好かれているのかな、
いつ来ても、ひとりじめだもん。


f:id:keikakeikakeika:20210429190529j:plain
この苔!
苔生すとはこれいかに!


f:id:keikakeikakeika:20210429190554j:plain
ふっかふか!
初夏の温かい雨が、滋養なんやね。


f:id:keikakeikakeika:20210429190620j:plain
いちばんいい時期に来たかも。
こんな元気な苔、見たことない。


f:id:keikakeikakeika:20210429190648j:plain
あおもみじ。
傘さしてくれています。


f:id:keikakeikakeika:20210429190717j:plain
Isolation、孤立。
Loneliness、孤独。
Alone、一人。
そして、Solitude、孤高。

私は一人でいることが好きで、
一人でいればいるほど自分が充溢する。
変わった子どもだと言われましたが、
それが私。

IsolationとLonelinessは無縁で、
Aloneが最も私に近く、
Solitudeは与えられたもの。

こうして、絶景を独占できるのは、
何か大きな力に招かれたと自負して、
そこにSolitudeも雨として、
私に齎された恵みでしょう。

瓊花は私の目指す姿。
直に目に見れて、幸せでした。
たとえ届かなくても、
瓊花に出逢えた、それで幸せです。