奈良大学通信まよい鹿

奈良大学通信教育部に入学しました

すべては交換である。それも「女」の交換である。 ~文化人類学③~

もしかして、
奈良大学のe-learning systemで
サブテキストが更新されてんじゃない?
と気づき、実際その通りでした。

いろいろ感想はありますが、
一番気を殺がれたのが、
文化人類学と平安文学論の
テキスト変更が1年延ばされたこと。

……私、どっちもレポートと
試験10問の回答作ってましたが、
テキスト変更されるって情報信じて
deleteしちまってますがな!

平安文学論はまだなんとなく
脳ミソを揺さぶったら
記憶が転がり出てきそうですが、
文化人類学は数学っぽく理詰めで
考えなければならない分野だったので、
レポートも試験問題の回答も、
もう、忘れ去っちまいましたわ!


なにしろ私は捨て魔なので、
こういうこと間々あります。
いいや私は悪くない、めげない。
また一から勉強し直せばいいだけ。

社会人類学の大家レヴィ=ストロースの、
弁当箱くらいブ厚い著作物を再度繙く。
まあ、好きな世界だから、いいですよ。
でもね、難しいんだよ、やっぱり。

でもね、
翻訳の先生に恵まれているとしても、
レヴィ=ストロースの語り口は、
とても優しく、あたたかい。
たとえその言っている内容が
野生の極みであったとしても。


アジアで私を恐れさせたものは、アジアが先行して示している、われわれの未来の姿であった。
『悲しき熱帯』


世界は人間なしに始まったし、人間なしに終わるであろう。
『悲しき熱帯』


もし日本文明が、伝統と変化のあいだに釣り合いを保つことに成功するならば、そして、世界と人間のあいだに平衡を残し、人間が世界を滅ぼしたり醜くしたりするのを避ける知恵を持っているならば、つまり日本文明の生んだ賢者たちが教えたように、人類はこの地球に仮の資格で住んでいるにすぎず、その短い過渡期的な居住は、人類以前にも存在し、以後にも存在し続けるであろうこの世界に、修復不能な損傷を引き起こすいかなる権利も人類に与えていない、ということを日本文明が今も確信しているならば、もしそうであれば、この本が行き着いた暗い展望が、未来の世界に約束された唯一の展望ではない、という可能性を、わずかにではあれ、私たちはもつことができるでありましょう。
『悲しき熱帯』日本人へのメッセージ


レヴィ=ストロース親日家でした。
我々極東の島国の住民を、
神話の世界を当たり前のように生き、
遊び心と独創性に満ちた日本人を、
欧州の美意識に培われた出自である反面、
パリのユダヤ人として交叉イトコ婚の
両親から生まれたレヴィ=ストロースは、
一言、「わかろうとしてくれた」のです。


中国生まれの汎用鋸やさまざまな型の鉋にしても、六・七世紀前に日本に取り込まれると、使い方が逆になりました。職人は、道具を向かって押すかわりに自分の方へ引くのです。物質に働きかける行為の出発点ではなく到達点に身を置きますが、これは家族、職業集団、地理的環境、そして、されに広げれば国や社会における地位によって外側から自分を規定する根強い傾向にあります。
『月の裏側~日本文化への視覚~』


父方交叉イトコ婚より母方交叉イトコ婚が
なぜ望ましいのか。
その説明を書き起こすことが、
文化人類学のレポート課題です。
答えというか、レヴィ=ストロース
親族の基本構造』を
きちんと読めば書ける内容です。
私の記憶もだんだん蘇ってきました。

ちなみに、交叉イトコ婚は、
親の異性の兄弟姉妹の子どもと
結婚することです。
一方、平行イトコ婚は、
親の同性の兄弟姉妹の子どもと
結婚することです。

平行イトコ婚は、
血の袋小路のように忌まれています。
なお、父方交叉イトコ婚も、
中国やチベットではそれは「血の帰り」で
「骨に穴が開く」として忌まれています。
(ただし、ここでの禁忌は
生物学ではなく社会学での禁忌です。)

なんでか?
それは、文化人類学のテキストを基に、
レヴィ=ストロースを繙いてください。


面白いでしょう? 文化人類学
私も思い出しました、面白いと。


すべては交換である。それも「女」の交換である。
親族の基本構造


男の夢は、潰えた現代なのでしょうか。
男が交換されていた、
原始母系社会もあったのでは?
それは私の夢ですが。


いずれの神話も人が自分とのあいだでだけ生きていける甘美な世界、社会的人間には永遠に与えられることのないその幸福感を、過去か未来かの違いはあれ、等しくたどり着けない果てへと送り返しているのである。
親族の基本構造



f:id:keikakeikakeika:20210408191017j:plain
奈良県生駒郡平群町は薔薇の名産地。
HEGURI-ROSEさんの薔薇です。
薔薇園直売の摘みたての薔薇なので、
とても品質が良く、お値打ちなのです。


f:id:keikakeikakeika:20210408191122j:plain
花瓶の水に10円玉を落とすと、
銅イオン効果で殺菌、
花が長持ちします。
日ごとに茎を詰め、水揚げを施し、
痛んだ葉と花びらをはずし、
花びらの色ずんだ箇所を鋏で切り、
丁寧に世話をしてあげると、
10日以上もきれいに咲いてくれます。


f:id:keikakeikakeika:20210408191137j:plain
最期の最期まで、面倒見るよ。
薔薇こそ、尽くすべきものです。