奈良大学通信まよい鹿

奈良大学通信教育部に入学しました

お休みの日の、お楽しみ。~橿原市手芸カフェsunday treatでのミモザのリース作り~

f:id:keikakeikakeika:20210327222253j:plain
3月27日土曜日の朝11時前、
橿原市鳥屋町のカフェ、
sunday treat到着。
橿原神宮西口駅から徒歩7分。
付近には、宣化天皇陵と
新沢千塚古墳群があります。


f:id:keikakeikakeika:20210327222409j:plain
ミモザの生花のリース作りの
ワークショップ参加が目当て。


f:id:keikakeikakeika:20210327222505j:plain
すごい大量のミモザ
この時期だけの贅沢です。


f:id:keikakeikakeika:20210327222548j:plain
こちらのお店は初めて訪れます。
200年前の古民家をリノベーション。
リネンやレースの販売や
季節のポタージュやボルシチなど、
バルト三国からの贈り物が
日本の飛鳥の西はずれの地に、
違和感なく馴染んでいます。


f:id:keikakeikakeika:20210327222622j:plain
サンデートリートさんは
手芸体験の場でもあり、
ワークショップがたくさん
催されています。
こちらで生地を購入して、
ミシンで縫うこともできるのです。


f:id:keikakeikakeika:20210327222842j:plain
ラトヴィアやリトアニアの雑貨。
ソヴィエト連邦内であったことと
北欧に近い土地柄から、
簡素で素材を活かす雑貨は、
日本人の感性にとても合うかと。


f:id:keikakeikakeika:20210327222928j:plain
お庭のミモザ。こちらの花も
材料として提供されています。


f:id:keikakeikakeika:20210327223031j:plain
新沢千塚古墳群の最寄に
こんな洒落たカフェがあるなんて。
内緒にしたい穴場カフェです。


f:id:keikakeikakeika:20210327223115j:plain
ミモザのリース作りの講師は
sugarbabyの田中雅美先生です。
採れたての生花を扱うのは虫との戦い、
私はナメクジ以外の虫は平気なので、
とにかく必死にミモザを選って、
ワイヤーでリース台に括り付け。


f:id:keikakeikakeika:20210327223155j:plain
息子は最初、田中先生から
ボンドでミモザを固定する
簡単な方法を指示されましたが、
「Rくん器用やし、ワイヤーいけるな」
と大人と同じ方法に切り替え。


f:id:keikakeikakeika:20210327223226j:plain
作業中は必死でしたので、
写真は撮れませんでした。
手前、私の作ったリース。
これでも「お上品」なのです。
ミモザ、もっと爆発させてもOK。

「たいへんだった! でも楽しい!」
息子の感想に、
田中先生も安堵しておられました。
「Rくん、よく頑張ったね!」


f:id:keikakeikakeika:20210327223254j:plain
レッスンには、
サンデートリートさんの
ケーキ代が含まれています。
プラス、レッスン後のお食事も、
希望者は注文できます。

お店に入った途端に漂う、
お鍋でことこと煮込んだ
得も言われぬ美味しそうな香り、
「ママ、おらここでごはん食べたい」
と息子は最初に決めていました。


f:id:keikakeikakeika:20210327223318j:plain
息子の背後は生地棚と作業台。
売られている服は型紙があり、
ミシンを踏んで、ここで作れます。

素敵なシステムだなあ、
こんな画期的なカフェが
橿原市の西はずれにひっそりと
隠れているのです。


f:id:keikakeikakeika:20210327223349j:plain
ストウブで煮込んだスープのセット。
月替わりの季節のポタージュ。
「おいしそう!
ミモザのリース作っているときも、
おら、お食事のこと考えてたよ!」
確かに、いい匂いしてたもんねえ。
レッスンの終わり頃、
息子のおなかは
Lonely Wolfのように鳴いていました。


f:id:keikakeikakeika:20210327223423j:plain
国産小麦の長時間熟成パン。
春キャベツのポタージュ。
お庭で採れた人参サラダ。
八朔のマーマレードとヨーグルト。


f:id:keikakeikakeika:20210327223518j:plain
私はチキンのボルシチを注文。
私はロシア料理が好きなので。
バルト三国は、当然、
ロシアの影響下にありました。


f:id:keikakeikakeika:20210327223605j:plain
息子はおいしいおいしいと
繰り返し言いながら
ごはんを食べていました。
「ここ、『かもめ食堂』みたい」と。
そうだね、似ているかも、ここ、
あのほっこりした映画のお店に。


f:id:keikakeikakeika:20210327223652j:plain
デザートは、
息子はチーズケーキと
ジンジャーエール
どちらももちろん自家製で、
「のどがしびれるくらい、
生姜がたっぷりだよ」と息子。
チーズケーキも
クリームチーズたっぷりの
しっとり系で、息子好みでした。


f:id:keikakeikakeika:20210327223722j:plain
私はシナモンケーキと
百花蜂蜜と柚子のジュース。
シナモン、ナツメグクローブ
スパイスたっぷりの人参ケーキ、
これが食べたことのない味で、
はまりました。
おいしい、深くてしっかりした味。

柚子ジュースの蜂蜜、
くらくらするほど花の香りがして、
体の免疫力が向上したとしか
思えませんでした。

総じて、サンデートリートさんは、
食べるものも、身にまとうものも、
良質な素材しか扱っていないお店と
納得した次第です。


f:id:keikakeikakeika:20210327223748j:plain
田中先生のお友達が、
ご自宅お庭の桃の花を
サンデートリートさんに
ご持参されました。

幸せな心地で過ごせた一日。
手作りを楽しめる平和。
橿原神宮と千塚古墳の森を眺め、
高取川の桜並木に歓声を上げ、
春の訪れにただただ感謝しました。
感謝の対象は、誰でもないのですが。


f:id:keikakeikakeika:20210327223811j:plain
自宅最寄り駅の横断歩道、
信号の足元に菫の一株。
春は平等に訪れる。
気づかないだけで、実は、
すべては平等なのかもしれません。