奈良大学通信まよい鹿

奈良大学通信教育部に入学しました

努力する者が楽しむ者に勝てるワケがない ~卒業論文⑧~

努力する者が
楽しむ者に勝てるワケがない


漫画『刃牙(バキ)』の名言です。
これはもともと、孔子先生の教えです。


知之者不如好之者
好之者不如樂之者

これを知る者はこれを好む者に如かず
これを好む者はこれを楽しむ者に如かず

知る者より好む者が、
好む者より楽しむ者が、勝る。

論語』(雍也第六・20)


私はけっこう、この言葉を
他人様より賜る機会が多い者です。
よっぽど遊び散らかしてる輩として
他人様の目に写っているのでしょう。

これでも努力、してまっせ。


「瓊花さん、学校の卒論、どうなった?」
「とっくに脱稿してますよ。ただ」
「ただ?」
「題名がまだなんです、2年越しで悩み中」
「名付け親に向かない人だねえ」
「子どもって、息子の名前考えるの、
楽しかったですね、確かに」
「論文も我が子だからさ」
「頭のなかに謎の種が植わって、
その謎を育てていくのは、楽しさの極みで」
「どんな花が咲いたのか、楽しみだね」
「乞うご期待」


f:id:keikakeikakeika:20210205095002j:plain
Valentineの季節。
私が家族に昨年から購入している
カレルチャペックの紅茶チョコ。
近鉄百貨店限定です。
毎年変わる缶の絵がとてもかわいい、
ジャケ買いでもあります。


f:id:keikakeikakeika:20210205095021j:plain
チョコの包み紙も滅法かわいい。
チョコはモロゾフのもの。
日本人好みの甘さ控えめのチョコ、
辛党の主人と息子の大好物。

あべのハルカスの特設会場では
新進気鋭ブランドのチョコが並びますが、
私は子どものころからモロゾフ
Valentineの買い物は済ませてきました。
モロゾフは老舗ですが、気取りがなく、
子どもでも暖簾をくぐりやすいので。

神戸トアロードのショコラティエ
モロゾフから始まった
Valentineにチョコを贈る風習。
術に乗せられるのも、乙なもの。

Valentineに愛の告白なんて、古い古い。
ただ楽しめばいいのです、
お菓子を買える、この余暇の瞬間を。