奈良大学通信まよい鹿

奈良大学通信教育部に入学しました

一陽来復の春の色 ~日本市 奈良三条店~

昨日は息子の術後診察日で、
近鉄奈良駅最寄の形成外科へ。
術後の経過観察は来月で終診ですが、
息子はおでこのニキビを先生に指摘され。
外用薬を処方されたので、
当分リピーターとなりそうです。

奈良県奈良市が最も繁栄しているので、
当然ながらクリニックも良いところが
集まっています。
私は奈良県の田舎出身なので、
すべてが澱む田舎の負の面も
もちろん熟知しています。

我が一家は今、
大阪のベッドタウンに住んでいますが、
将来的には奈良市に定住を考えています。
シルクロードの終着駅に骨をうずめようと。
歴史と文化の土に還ろうと。

限界集落や消滅集落の現実を見ると
心の底から申し訳なく思うのですが、
田舎出身の私だからこそ田舎には住めない、
そう腹をくくっているのです。

私が奈良県出身だからといって
奈良県の隅々まで寵するわけがない。
無責任な旅行者ではないのです。
そこに生まれ育った者にしか
見えない闇があるのです。
居住するとはそういうことです。


ふるさとは遠きにありて思ふもの
そして悲しくうたふもの
よしや
うらぶれて異土の乞食となるとても
帰るところにあるまじや

室生犀星『小景異情』


f:id:keikakeikakeika:20210123220117j:plain
診察の後、三条通を散策。
中川政七商店「日本市 奈良三条店」へ。
このお店、入ったら最後、
奈良のかわいいものに正気を奪われます。

このディスプレイ、桜が咲いたよう。
おとな女子が狂気の沙汰でふるえる、
吉野山の見渡す限りの桜を思い出して。


f:id:keikakeikakeika:20210123220135j:plain
桜色、なんてやさしい色なのか。
桜を待っても良い時期になったのですね。
ああ、吉野、行きたいなあ。

奈良市街は雨模様もあり、
とっても空いていました。
この後に向かった
「とよのあかり鈴の音」さんでは、
唐揚げランチのほかサラダやデザートが
サービスで提供されました。
「こんな時期に来てくださるお客さん、
大事にさせていただこうと、
精一杯のおもてなしです」と。

奈良市の商店街、
先月訪れた時には営業していたお店が、
いくつも閉店になっていました。
倒産情報にもカウントされない
小さなお店がつぶれていく様に、
胸が痛みました。

奈良県民の私には桜の頃の吉野山
アンタッチャブルで近寄れない、
それくらい観光客でごった返すのですが、
今年は吉野桜を訪ねに行こうと思います。
昨年の桜の頃の吉野山の経済、
やはり売り上げが急下降したそうで。
知人に「お願い、来てな」と懇願されました。
「静かな吉野山の桜、さびしいわ」と。

頼まれなくても、行くよ、吉野へ。


f:id:keikakeikakeika:20210123220159j:plain
こんなかわいい鹿の缶、
買わないわけがない。
私が悪いんじゃなくて、
この鹿の缶のかわいさが悪い。


f:id:keikakeikakeika:20210123220216j:plain
なかは、吹き寄せ。
目もくらむ乙女の食するもの。
しかし、食べると意外と甘くなく、
うちの息子があっという間に
平らげてしまいました。
息子は最近辛党になってきたので、
男性にもおすすめのお菓子かと。


f:id:keikakeikakeika:20210123220230j:plain
息子が買った
桜の時期限定の達磨みくじ。
結果は小吉でしたが、
すっごく良いことが書かれていて、
心臓に悪くないおみくじです。

達磨の黒目は私が入れました。
「イケメンになったね」と息子。
黒目が小さすぎると間抜けで、
大きすぎると暑苦しい。
画龍点睛、難しかったです。