奈良大学通信まよい鹿

奈良大学通信教育部に入学しました

妄想スクーリング計画 ~考古学特殊講義①~

この土曜日曜、私がお仕えしている
教授が理事長である医学会、
その年一度の学術集会が開催されます。
3月退官の教授が医師業の集大成として
今年度の学会の主催、
学術集会長を担うのです。

しかし、
それはWeb配信によるもので、
対面学会でもって今年定年の教授の
花道を飾って差し上げたかったのですが、
詮方なし。

教授は当然、
私も末席に名を列ねる医局員全員、
言い訳無用の世界でやってきました。
本当に、人事を尽くして天命を待つ、
やれる限りのことはやったのです。
吾唯足知で、道に花を撒けるかと。


記事の題名、
何段目かの妄想シリーズです。
今年の冬も奈良県内に軟禁なので、
考古学特殊講義を追体験してみようと
悪企みしています。

普通検索観音さんツツコワケさんが
体験されたままの校外学習として、
1日目は西ノ京(唐招提寺西大寺)、
2日目は寧楽の都(東大寺興福寺)、
3日目は橿原考古学研究所から飛鳥へ。

「考古学特殊講義さえ受けられれば、
残りの授業なんか受けないまま
奈良大学通信を追い出されてもいい」
とまで仰る方もいました。
みんな、本当に、本当に、
奈良がお好きなんだ。
感慨無量となりました。

他者を顧みることのない私ですが、
これは胸が痛まざるを得ない。
奈良を愛する人々から奈良を遠ざける、
なぜこんな思いを味わわせるのか。
なぜこんな病魔が吹き荒れる
世の中になったのか。

奈良大学通信に在籍するたったいま
コロナ禍に見舞われるのも、
私への天命なのかもしれない。

考えろ、考えろ、
そう啓示されているのかもしれない。


主催学会が終われば、
私も奈良大学通信の学業に
もっと意識を注げます。

勉強の色眼鏡をかけて、
妄想校外学習へ出発してみます。


f:id:keikakeikakeika:20210111131643j:plain
1月9日、
お花のお師匠様のご自宅レッスンへ。
すばらしい先生の作品群!
息子、釘付け。


f:id:keikakeikakeika:20210111131657j:plain
先生のご自宅はJR高田駅近辺。
私の実家からも遠くありません。
JR高田駅、私はこの駅の
最寄の産院で生まれました。

奈良県大和高田市の中央部は、
静御前八百屋お七に縁有る地です。
商業地として古来より栄えましたが、
今やシャッター商店街の寂しい街。

でも、こうして
素敵なお花のアトリエを訪うという
浮き浮きした楽しみも
今年からこの街に望めます。


f:id:keikakeikakeika:20210111131720j:plain
息子はアロマフラワーキャンドル製作。
先生つきっきりでレクチャー。


f:id:keikakeikakeika:20210111131739j:plain
吊り下げタイプのキャンドルも。
子どものアイディアは突拍子もなく、
先生も私も驚嘆。


f:id:keikakeikakeika:20210111131829j:plain
ピクルスみたい。
ピーターラビットが狙ってきそう。


f:id:keikakeikakeika:20210111131854j:plain
私は年頭にふさわしい
ゴージャスなスワッグを。
Swagとはドイツ語で壁飾り、
幸福を呼ぶ花束の壁飾りです。


f:id:keikakeikakeika:20210111131916j:plain
先生に前もって
花の色やイメージをお伝えしますと、
レッスン日には希望通りの花材を
揃えてくださっているのです。

「瓊花さん、綺麗にできたね!
華道してた人はやっぱり違うね!」
「先生、私、お花を組んだだけなんで、
先生の花材のチョイスが素晴らしいんです」
「いや私、Rくんにかかりきりやったし、
瓊花さん一人で作ったようなもんよ」
「ママ、上手!」

年明け早々褒められて、嬉しいなぁ。
小雪舞う中、
心がぽかぽか温まりました。


f:id:keikakeikakeika:20210111131936j:plain
なんてすてき。
しあわせな心地。
新しい趣味が灯のように
私を導いてくれます。