奈良大学通信まよい鹿

奈良大学通信教育部に入学しました

私が成功した理由は他でもない。自分にも他人にも言い訳を許さなかったからだ。

奈良大学通信に秋季入学された方々が
検索されているのでしょう、
私の通信制大学への姿勢への記事が
最近よく読まれています。

不安なのでしょうか。
私の記事は誰かを不安にさせる前に、
ただただ
凍りつかせるようなものですが。

誰も不安になるために
奈良大学通信へ入学したのではない。
震えあがっているほうがまだしも、
ということでしょうか。

不安と震撼は、わけがちがう。


私の周囲の大学生たち、
たいへん優秀な彼らから伺った声、
「オンライン授業、けっこういいよ。
通学する手間が省けるし、
左右前後に誰が座ってくるとか
不要なストレスもないし、
会議アプリも日々良くなってるから
講師の声も鮮明に聴きとれて
参加者の個々の顔も把握できるし」
これが現実です。

実地に根差さなければいけない
学部の講義は別として、
無駄を削いだオンライン化が
ますます主流になっていくでしょう。


能なしの口たたき、
「みんなと会えなくて寂しい」だの
「田舎から都会へ出たのに」だの、
何しに大学に入ったのか。
愚痴る暇があるなら本の一冊でも読め、
それができないんなら
親のすねかじりの四流大学なんか
とっとと辞めて働け、です。

命の保証のない難民でもなければ、
勉強なんか、どこでもできる。
平和な日本の恵まれた環境、
しかも大学まで進学できた家庭で
「勉強できない」とのたまうのなら、
もう自分自身へ引導を渡すしかない。

どんな状況でも、頑張る子は頑張る。
その道を、
本当に勉学を希求している子に譲れ、
おまえはどけろ!
私はそう言いたい。

自分が選んだ道を悪しきざまに言う者を、
すべて周りのせいにして自省しない者を、
私は人間とは思いません。

そこがいやなら、そこから降りればいい。
潔く。


勉強をする必要があるから、
私は奈良大学通信へ入学したのです。

理由は何であれ
勉強ができないのは、
そもそも勉強する必要がないのです。


私が成功した理由は他でもない。
自分にも他人にも言い訳を許さなかったからだ。
フローレンス・ナイチンゲール


f:id:keikakeikakeika:20210115221311j:plain
私から私への誕生日プレゼント、
アートフラワーのお師匠様に
作っていただきました。

さすが先生の技術、すばらしい。
まるで甘くない砂糖菓子のよう。
冬の季節のハーフリースです。


f:id:keikakeikakeika:20210115221253j:plain
瓊花さんのために心を込めて作ったと、
先生からお手紙が添えられていました。

「ふわふわの氷みたい、雪みたい、
ママの雰囲気そのものだね」と息子。

知ってるよ、自分が冷眼傍観てことは。