奈良大学通信まよい鹿

奈良大学通信教育部に入学しました

風の森のお酒を買いに西大寺まで ~奈良県御所市 油長酒造~

f:id:keikakeikakeika:20201227154443j:plain
12月25日は金曜で仕事でしたので、
ChristmasPartyは26日土曜の夜に。
ケーキもピザもチキンも出来合ですが、
フルーツポンチは作りましたで!


f:id:keikakeikakeika:20201227194635j:plain
橿原市の洋菓子屋さん
Pâtisserie Neiroのクリスマスケーキ。
人気急上昇中のお店、
クリームがとてもフレッシュで、
さすが噂にたがわずのお味。
しかし、橿原市まで出向いていません。
クリスマスの食材すべて
宅配していただいているので、
たいへんラクチン。

自炊の技術は身につけていますが、
やはりフルタイム勤務をしていると、
献立はプロに任せたほうがいい。
くたくたになって帰宅して、
夕飯の買い出しや献立を考えるなんて、
ぞっとします。
何も考えずレシピ通り作ることの気楽さ。
考えるということは、
パワーが必須なのです。

仕事で疲弊した脳を
これ以上酷使することもなく、
栄養士によってカロリー計算された
野菜メインの献立では太りようがなく、
自分では絶対に作らないメニュを作れ、
余計なものを買うこともない、bestです。

食べるものは自分の肉体の素となる。
だからといって、
私は料理のことで悩みたくない。
私はもっと別のことに脳を使用したい。

私は自分の弱点を知っているので、
食材宅配サービスを利用しているのです。
結果、良いことばかりです。


f:id:keikakeikakeika:20201227154512j:plain
今日は大和西大寺駅から徒歩8分ほど、
「酒商のより」さんへ。
ここは奈良の珍しい地酒が揃うお店。
主人は今日が仕事納めだったので、
私と息子とふたり、電車で、
お正月のお酒を買いに行きました。
どんなお酒を買ったかは、
この記事の終わりで種明かし。


f:id:keikakeikakeika:20201227154529j:plain
お目当てのお酒も手に入れられ、
日差しが暖かい日だったので、
西大寺へ立ち寄りました。
右手に東塔跡、左手に本堂。


f:id:keikakeikakeika:20201227154548j:plain
西大寺にお参りすると、
当然ながら孝謙天皇のことを考えます。
東大寺を建立した父聖武天皇に倣って、
孝謙天皇はこの西大寺を建立した。

しかし、父の心は、
同母弟・基王、異母弟・安積親王
この早世した二人の皇子に向けられ、
藤原氏の権威を十重二十重にまとった
光明皇后とその娘である彼女には
あまり向けられていなかったのでは。

そのくせ、父親は娘に
「奴隷を天皇に、天皇を奴隷に、
どのようにでもできる」と吹き込み。
梅原猛先生の『海人と天皇』は
「さすがいいとこ突いたはる」と
いつも思うのです。


f:id:keikakeikakeika:20201227154606j:plain
後世、孝謙天皇のあまりの低評価に、
「あなたどんだけ嫌われたのさ」と
気の毒になります。
同じ独身の女帝の先輩、
元正天皇にはこんな悪評はなく、
それは単純に元正天皇
派手に動くことがなかったからで。

聖武天皇の苦しみを孝謙天皇なりに
晴らして差し上げようと働きかけて、
それが全部裏目に出たんだな、と。

動かなくてもいいのに動いてしまう。
こんな余計なこと、
持統天皇なら絶対にしない。
元正天皇は祖母女帝の声を聴けましたが、
平城京では藤原氏に呑まれる、すべて。

持統天皇は、飛鳥の都の天皇だと、
しみじみ思い知らされました。


f:id:keikakeikakeika:20201227154631j:plain
奈良県御所市の油長酒造さんが
心をこめて醸された日本酒、
風の森です。
特別栽培米で醸したお正月のお酒。


f:id:keikakeikakeika:20201227194722j:plain
金剛山の麓の杉浦英二さんの畑で
農薬化学肥料不使用で
大切に育てられたお米、秋津穂。

www.ns-sugiura.com


f:id:keikakeikakeika:20201227154650j:plain
のよりのご亭主が
「1本だけでいいですか?」と。
「どれかお薦めありますか?
私、風の森さんのお酒、初めてなんで」
「扁平精米って新しい試みで醸造された
お酒が入荷されてね。
これが最初で最後かもしれないから、
是非飲んでほしいです」

なんかもうよくわからないのですが、
私はけっこう素直なので、
ご亭主お薦めのお酒を追加で買いました。


f:id:keikakeikakeika:20201227194655j:plain
2本買っても3,000円です
油長酒造さんは、みんなの食卓に
普通にあるお酒を造りたい、
それも無濾過・無加水・生酒で。
そんな高邁な精神で
日本酒に取り組んでおられる
素晴らしい奈良の醸造元です。

www.yucho-sake.jp

今年は中止されましたが年末直売以外、
風の森のお酒は蔵元では買えません。
数少ない酒屋さんにだけ卸されていて、
その1軒がのよりさんです。

いつも気になっていた風の森のお酒。
その幻ともいわれるお酒を求めて、
私は西大寺まで出向いたのです。

来て良かった。
のよりのご亭主もレジ横の冷蔵庫の
いちばんご自分に近いところに、
風の森のお酒を大切に冷やしておられ、
この誠実な醸造元のお酒を
どれだけ大切にされているか
一目で理解できたから。

奈良のお酒、
私の実家の二上山麓を南下した金剛山麓、
古代豪族葛城氏の本陣で醸されるお酒、
生粋さによる原点から改革を目指した味、
お正月に封を開けるのが楽しみです。