奈良大学通信まよい鹿

奈良大学通信教育部に入学しました

若宮よ、若宮よ。 ~奈良春日若宮おん祭~

f:id:keikakeikakeika:20201213193749j:plain
息子が通う小学校は、
奈良春日若宮おん祭のお知らせを
全生徒へ配布しました。
今年は新型疫病退散の祈りも兼ね、
感染拡大防止としてネット配信での
おん祭拝観となります。

私の誕生日は12月16日、
良弁忌のその日であり、
おん祭の宵宮その日でもあります。
その日、奈良では初雪とも重なり、
寒さ厳しさの入り口でもあり。
冬生まれの冷たさが
自分に備わって当然と、
私は思い知るのです。

若宮とは、読んで字のごとく
若い王子を祀る社ではありますが、
志半ばで身罷った夭折者の魂を
御霊として崇め奉る社でもあります。
私は春日若宮については不勉強ですが、
一考の価値は重々あります。


奈良でも悲しいニュースがありました。
若い人が亡くなるのは本当につらい。
私に言えるのは、
Exodusが叶うのならば、
全力で走って逃げろ! の一言。
でも、走ろうにも、
出口がなかったのでしょう、きっと。

私も14歳の頃、
進みたかった道を横暴な姻戚に侮辱され、
泣く泣く諦めざるを得なかった
無慚な過去があります。
私は、舞妓さんになりたかったのです。
生ける総合芸術として、
私は舞妓さんを尊敬していました。

それを、その横暴な姻戚の男は
ここに書くこともできない
汚辱に満ち満ちた言葉で罵り、
踏みにじったのです。

私は、田舎の男が大嫌いです。
井の中の蛙大海を知らず、
男に生まれただけで女を蔑む。

その男が50代の若さで
長患いの果てに病死したとき、
溜飲が下がった私は
ただただ大爆笑しました。

14歳、
全世界が、私の敵でした。

私はこうして、
自分で自分を逃がす方法を
早くから考え続けていました。
いや、
そうせざるを得なかった。


「瓊花さんの濫読は、
身を守る術を身につけるため、
必要不可欠だったからでしょう」
brainにはお見通しです。
「舞妓さんから芸妓さんになって、
それからでも、まだ20代、
いくらでも学校に通えたし、
いくらでも勉強はできたんです」
真っ赤っ赤の通天閣を仰ぎ、
私は帰寧の途につきます。

「あなた舞妓さん、
さぞかし似合ったことでしょうよ」
「そう言われるのも、若い頃はつらかった」
「まだまだお若い、瓊花さん」
「900年前、一番最初のおん祭り
それも私は眺めた気がします」
「古都奈良の人は、化け物じみてるねえ」
「私だけですよ」


今年の若宮は初雪でもって、
寧楽の都を覆ってほしい。
すべての夭折者の魂を、
白く清けく包んでほしい。


若宮よ、若宮よ、鎮まり給え。
否、憤り給え。
赤々と、否、
若々しい魂の色として蒼白く、
初雪より白く、燃え盛り給え。