まほろばに神鹿を追って

Chasser le cerf de Dieu à Nara

『よみがえる正倉院宝物 -再現模造にみる天平の技-』 ~奈良国立博物館~

昨日、夏季休暇を1日もらって、
奈良国立博物館まで出向きました。
開催中の特別展、
御大典記念『よみがえる正倉院宝物
-再現模造にみる天平の技-』が目当て。

主人は仕事でしたので息子とふたり、
曇天で風も吹く、
耐えられる暑さの奈良の空の下、
だからといって無理して歩かず、
バスで博物館前まで向かいました。

散策を楽しめるような状況でもない。
近鉄奈良駅もがらがらでした。


f:id:keikakeikakeika:20200807235818j:plain
奈良博に行く前に腹ふさぎ。
お気に入りの黒川本家へ。
中韓の観光客や、夏休みの学生で
溢れかえっていた昨年までが、嘘のよう。
私と息子で貸し切りでした。

葛匠ランチセット。
いつもは座れない窓際で
春日の山並みを眺めながら
夏のごちそうを堪能しました。

怖いくらい静かだな。
そう感じ入りました。


f:id:keikakeikakeika:20200807235840j:plain
季節の葛あんかけ丼セット。
うす葛冷やしあんかけネバ鰻丼。
息子は昨年もこれを食べました。


f:id:keikakeikakeika:20200807235900j:plain
大好物を目前に、昂る息子。
君、今日はこれ目当てやし。
まあええ、たまの贅沢やし。


f:id:keikakeikakeika:20200807235931j:plain
デザート。
笹に包まれた葛餅。
夏の楽しみ、一年ぶり。


f:id:keikakeikakeika:20200808000017j:plain
オオスカシバの卵みたい。
きれいな薄緑。
私のいちばん好きな色。


f:id:keikakeikakeika:20200808000033j:plain
葛餅の中身は
カスタードクリームのあん。
すっごく、おいしい!
夏の味、必ずテイクアウトします。
主人もこれが大好物なので。


f:id:keikakeikakeika:20200808000054j:plain
「遠からん者は音にも聞け、
近くば寄って目にも見よ」
腹ごなし、奈良博へレッツゴー!

息子の志気は
足元の鹿のフン対策。
松ぼっくりと見間違う
巨大な鹿フンもあるのです。
榴弾の大きさなので、
息子はそれらを
「爆弾」と呼んでいます。

奈良公園は爆弾だらけや!」と息子。
なるほど、
平家物語』の名乗りは必要か。


f:id:keikakeikakeika:20200808000119j:plain
この閑散とした風景、早朝ではなく、
午後1時過ぎのものです。
信じられない、
いくら平日でも
これが夏休みの奈良博前、
東大寺前の風景だなんて。


f:id:keikakeikakeika:20200808000158j:plain
奈良博では入館の際に体温確認。
手指消毒とマスク着用の励行。
しかし、空いてたな、もう。
さみしくなっちゃった。
天下の奈良国立博物館が。


f:id:keikakeikakeika:20200808000225j:plain
地下のミュージアムショップ。
横のカフェには何組か客がいて、
それでも物静かであることには
変わりなく。

私が知り尽くした町、
奈良ではないような、
strangerかunknownか、
それともAlienかになったような。


f:id:keikakeikakeika:20200808000247j:plain
五弦琵琶の再現模造が
やっぱり目を惹かれました。
天平時代の日本の国力、
なかなかのものだったのでしょう。
こんな極限まで手の込んだ
最高級の調度品に囲まれて、
聖武天皇は生きていた。

決して、満たされることなく。

この奈良博の新館入口
奈良国立博物館」の文字は
聖武天皇筆「雑集」から集字されたもの。
細く整い、懸命な、
ひりつくような、その手蹟。
私は好きです。

決して満たされない、
もがき続ける、それが生きること。

聖武天皇は、生き貫かれた。


f:id:keikakeikakeika:20200808000308j:plain
近鉄奈良駅せんとくん
薬師寺、東西双塔並び立ち、
壮観です。
今は、通りすがりに
車窓から遠望するだけですが。


f:id:keikakeikakeika:20200808000327j:plain
奈良博には、日本国内のあらゆる
博物館美術館のチラシが用意され、
旅行気分で眺めて楽しんでいます。
ウポポイのチラシが見当たらなく、
これは私が見落としたのかも。

今回の奈良博のおみやげは、
螺鈿箱の缶飴、五弦琵琶のマグネット、
そして、同じく五弦琵琶の
エコバッグ&ポーチ。
もったいないのと
Deep Impactとで、
よう使わんわ、これ。