まほろばに神鹿を追って

Chasser le cerf de Dieu à Nara

吾が見が欲し土は 葛城高宮 吾家の辺り ~Swan Song 我が最愛の葛城磐之媛~

我が家は近鉄ケーブルネットワーク
加入してテレビを視聴しています。
いつも楽しみにしているのが、
『大和の車窓』という
運転席からの眺めの近鉄電車路線を
30分間延々と流してくれる、
ちょっとした旅気分の番組です。


f:id:keikakeikakeika:20200523150729j:plain
これは橿原神宮前駅から
大阪阿部野橋駅までの南大阪線
ここは葛城市、尺土駅あたりの風景。
尺土駅は、私の実家の最寄り駅です。
左手、長尾神社の鳥居です。
そして目の前、二上山
ふたかみやま、私の原光景です。

二上山は、にじょう「ざ」ん、と、
濁って読むのが筋ですが、
地元民は、にじょう「さ」ん、と、
まるで人間扱い、清音で呼びかけます。
関西人は、親しみをこめて神仏を
「さん」呼ばわりします。
山は、神です。

故郷の風景を眺めていると、
仁徳天皇皇后、
葛城磐之媛(かつらぎのいわのひめ)、
私が心ひそかに敬愛してやまない、
孤高の女王について語りたくなりました。


私はこのとおり、葛城の文化圏で
生まれ育った者ですが、
二上山のふもとはほんの入り口、
葛城の本陣は、奥つ城の御所市にこそあり。
そこが、磐之媛の産土(うぶすな)です。

葛城磐之媛
大王の正妃など二次的な存在ではなく、
おそらく古代豪族葛城氏を一手に担う
女王に等しい存在だったと思われます。


和賀美賀本斯久邇波
迦豆良紀多迦美夜
和藝幣能阿多理
(『古事記』下つ巻・仁徳天皇7)

吾が見が欲し土(くに)は
葛城高宮
吾家(わぎへ)の辺り

私が最期に見たいのは、
葛城の、高宮の、
私の生まれた家のあたり。


年若い八田若郎女(やたのわきいらつめ)を
妃に迎えた夫、仁徳天皇のもとから、
磐之媛は去っていきました。
大王である夫は、
正妃の自分と同じ立場に
その若い皇女を置こうとしたのです。

誰かと肩を並べるなど、
潔癖な磐之媛には
認められるはずがなかったのです。

大王みずからの迎えにも、
磐之媛は応じはしませんでした。
そして、孤独のなか、
葛城から遠く離れた山背筒城宮で、
葛城の女王はこの世を去りました。

私は、佐紀盾列古墳群の
ヒシアゲ古墳に磐之媛
眠っているとは思っていません。
きっと、その気高い魂ごと、
葛城高宮の産土に還らせてあげた、
御所市の古墳群のひとつに
磐之媛は眠っているにちがいない、
私はそう堅く信じているのです。

それが、最も高潔な女、
葛城磐之媛に対する、
仁徳天皇からのせめてもの餞だと。

もしそうでないとすればあまりにも、
むごい。


速総別王(はやぶさわけのみこ)と
女鳥王(めどりのみこ)の叛乱の終焉、
追手の将軍の山部大楯連
(やまべのおおたてのむらじ)は、
土くれにうずもれた若い皇女の
まだ温かい遺体から、
血にまみれた玉釧(たまくしろ)を奪い、
その妻に与えました。

よりにもよって豊明節会(新嘗祭)に
大楯連の妻は、
女鳥王の玉釧を腕に巻いて出向きました。
磐之媛はそれを伺うと同時に
大楯連の妻を退席させ、
残った大楯連へ向かい、
よく徹る声で冷然と言い放ちました。


其王等 因无禮而退賜 是者無異事耳
夫之奴乎 所纒己君之御手玉釼
於膚熅剥持來卽與己妻

其の王等、礼旡きに因りて退け賜へる。
是は異しき事無くこそ。
夫れの奴や、
己が君の御手に纒かせる玉釧を
膚も熅けきに剥ぎ持ち来て、
即ち己が妻に与へたり。

速総別王と女鳥王は、
大王に無礼を働いたから廃された。
これは何もおかしなことではない。
しかし、おのれは、
王族の者が
その身に常にまとわせていた玉釧を、
まだ温もりの残る屍から奪い取り、
おのれの妻に与えるとは。


恥を知れ。
そう謂わんばかりに、
磐之媛は大楯連に死罪を告げました。

是は異しき事無くこそ。
それは、叛乱を制して当たり前、
それが正規な意味でしょう。
しかし、
若者が叛乱を起こすことこそ自然、
そうとも私には意に介せました。
磐之媛は、敗れた者を粗末に扱わない、
フラットな見識を持つ聡明な女性でした。

磐之媛は見知っていたのでしょう、
女鳥王がどれほどその玉釧を大切にし、
我が分身と見なし、
終ぞ肌身から離さなかった、
その一途な姿を。
女鳥王の玉釧、人を狂わせるほど
美しく魅力的だったのでしょう。
持ち主の女鳥王と、同じく。

そして、大楯連はその妻を、
たいへん愛していたのでしょう。
禍々しいほど美しい王族の玉釧、
盗む気などなかった、魔が差した、
ただ妻に喜んでほしかった。
そして妻も夫のために装いたかった、
いちばんの公の場で、皆のまえで、
夫の傍らで美しくありたかった。
ひとえに、夫のために。

だからこそ、
磐之媛は断罪の場から退けた、
罪人の妻を。
夫が妻のために命を落とす姿を、
その妻に、
目の当たりに見せないよう。

だからといって、
葛城の名代である女王は
敗者の無念を蔑ろになどしない。
否、蔑ろになど、できない。
その強靭な意志と、慈悲。


私は、磐之媛が好きなのです。
故郷のように、心の芯にいつも在る。
その凍てつくような厳しさ。
その包み隠された真実の優しさ。
これが、古代豪族葛城氏の女王の、
本懐です。


古事記』は最高級の物語を
私たちに伝えてくれています。
なかでも磐之媛の物語は、
私の最愛の物語、
人の哀しみと高潔さに満ちています。


私の魂を、私の産土へ、還らせて。


磐之媛Swan Songを胸に抱え、
私はいつも実家に向かいます。

磐之媛様、
さあ、共に帰りましょう、葛城へ。
私たちの、故郷へ。