奈良大学通信まよい鹿

奈良大学通信教育部に入学しました

名画の残欠が美しいように美しい ~奈良公園逍遥~

f:id:keikakeikakeika:20200507224817j:plain
志賀直哉がとにかく美しいと
褒め称えた奈良の都の夢の跡。
それらを切れ切れの
名画の残欠の美しさになぞらえて、
うまいこと言うなあ、と思います。

ですが、志賀先生、
13年過ごして奈良を離れました。
時代に取り残されてしまう、
埋もれてしまうと懸念されたゆえ。
これは、
実際に奈良に住んだ者にしか
わからない掻痒感です。

埋もれるとか塗れるとかの類い、
精神の酩酊に耽るにしては
志賀先生、
あまりにも明晰な方でした。

淡きこと水のごとし。
この、べたべたしない
精錬された姿勢を
貫かれた志賀先生が語られる
奈良の心象こそ、
私の最も好むところです。


f:id:keikakeikakeika:20200506155937j:plain
ゴールデンウィーク
奈良公園で散歩ばかりしていました。
いつものコース、
高畑町から浮御堂までてくてく。


f:id:keikakeikakeika:20200506155850j:plain
おっす。
側溝から顔をのぞかせるとは。
びっくりしたなあ、もう。


f:id:keikakeikakeika:20200506160230j:plain
仔鹿、発見。


f:id:keikakeikakeika:20200507093703j:plain
奈良の仔鹿は、逃げないねえ。


f:id:keikakeikakeika:20200506160306j:plain
荒池園地の土塀。
興福寺塔頭跡。


f:id:keikakeikakeika:20200506160334j:plain
新緑と土塀。
神経に障る要素の全くない、
古都奈良の色彩。


f:id:keikakeikakeika:20200506160437j:plain
むしゃむしゃ。


f:id:keikakeikakeika:20200506160535j:plain
むしゃむしゃ。


f:id:keikakeikakeika:20200506160656j:plain
むしゃむしゃ。


f:id:keikakeikakeika:20200506160928j:plain
あ、いたの。


f:id:keikakeikakeika:20200506160506j:plain
お尻、ハートの形。


f:id:keikakeikakeika:20200506160952j:plain
これ以上は無理(by息子)。


f:id:keikakeikakeika:20200506161149j:plain
限界(by息子)。


f:id:keikakeikakeika:20200506161104j:plain
おなかいっぱい。


f:id:keikakeikakeika:20200507224744j:plain
こっちはまだまだ。


f:id:keikakeikakeika:20200506161229j:plain
主人が
「どこ見ても絵になるなあ」と。
ほんまにね。


f:id:keikakeikakeika:20200507224758j:plain
頭塔を遠望。
玄昉の首塚と言われていますが。

散歩の帰りの昼食は
高畑町の「喫茶みりあむ」さんと
「そば処 勸」さんで。
みりあむさんも勸さんも、
味は美味しく空間は心地良い、
素朴で品の良い、
奈良らしい、すてきなお店です。

天神社の公園の遊具で息子は
一通り遊び、散歩は終了。
これを繰り返し、
今年のゴールデンウィークも終了。

鹿に混じって歩いていたら
気持ちもだいぶ晴れました。