奈良大学通信まよい鹿

奈良大学通信教育部に入学しました

わたしにできること ~シルクロード学⑪~

風通しの良くない熱気が
こもっているようで、
電脳からは遠ざかっています。

私は、対象が何であろうと
踊らされるのはご免ですし、
もともと周りがheat upすればするほど
逆に冷え固まっていくタイプです。
大学病院の医局に勤めている私に
言えることはただひとつ。
渦中の人ほど、寡黙です。

自分にできることを見定めて、
地に両足の裏をきちんと着けて、
私はいま、自律の意味を問うています。

さて、
奈良大学通信のレポート作成にあたり、
どの科目が最も読書量を要したか。
もちろん、シルクロード学です。
「どんな本、読んだ?」と
brainより乞われまして、
開示することにしました。

一般常識として、
成績に関わるようなレポート内容や
試験の答案をネットで公開するなど、
他者の学習意欲を阻害する不正行為は、
論外です。
そんなこと誰のためにもなりません。
むしろ、他者の実力を軽侮しています。
ひとをばかにしてはいけません。

それがせめて100点満点の回答なら
学術データとして
周知する意義もあるかもしれませんが、
そうでないのなら、恥の掻き捨て、です。
恥は自分一人で掻くものであって、
他者を巻き込むような恥は恥ではなく、
罪過です。


f:id:keikakeikakeika:20200327095259j:plain
これは天理参考館所蔵の
唐三彩の瓜。
文化財学購読Ⅱの学外授業で、
講師の深澤先生イチオシのお宝。
私は実は、昨年3月のその遠足の際、
皆さんがそれに人集ってしまったので、
「ちがう日に改めて見に行こう」と
あっさりあきらめたのでした。

で、昨年7月に再訪。
空いていましたので、じっくりゆっくり
眺めることができました。
8世紀の瓜。
ほんとうにみずみずしい緑。
今朝、焼かれたばかりにも見えます。
いいものは、いつまでも若く、新しい。


f:id:keikakeikakeika:20200327095432j:plain
私イチオシのお宝。
迦陵頻伽文軒丸瓦。
統一新羅時代のものですので、
7世紀から10世紀の作。
右手のななめむきの迦陵頻伽の瓦は
昨年このブログでも紹介しました。
で、左手の瓦。
今回はピントを合わせました。


f:id:keikakeikakeika:20200327095525j:plain
ジャーン!
きれいに撮れた、良かった。
もうなんて可愛らしい造形。
悪魔、いや、小悪魔です。


砂に埋もれたホータンの廃墟
さて、表題のわたしにできること。
以下、シルクロード学の
レポートおよび試験対策に用いた資料です。
何冊かは大阪府立図書館や
奈良県立図書館で借りましたが、
残りは最寄りの図書館で入手できました。
皆様のご参考になれば幸いです。


参考文献
S・ヘディン(1988~89)『スウェン・ヘディン探検記1~9』白水社
M・A・スタイン(1984)『中央アジア踏査記』白水社
M・A・スタイン(1984)『アレクサンダーの道 ガンダーラ・スワート』白水社
M・A・スタイン(1999)『砂に埋もれたホータンの廃墟』白水社
A・v・ル・コック(2002)『中央アジア秘宝発掘記』中央公論新社
J・ジエス編(1994)『西域美術 ギメ美術館ペリオ・コレクション1・2』(講談社
出光美術館編(1996)『パリ・ギメ美術館展 シルクロードに花開いた仏教美術の精華』出光美術館
菊池章太(2011)『義和団事件風雲録 ペリオの見た北京』大修館書店
P・ホップカーク(1981)『シルクロード発掘秘話』時事通信社
P・ホップカーク(1992)『ザ・グレート・ゲーム 内陸アジアをめぐる英露のスパイ合戦』中央公論社 
佐藤健(2003)『阿弥陀が来た道 百年目の大谷探検隊毎日新聞社
本多隆成(2016)『シルクロードに仏跡をたずねて 大谷探検隊紀行』吉川弘文館
金子民雄(2002)『西域 探検の世紀』岩波新書
金子民雄(2002)『ヘディン交遊録 探検家の生涯における17人 』中公文庫BIBLIO
岩村忍(2007)『文明の十字路=中央アジアの歴史』講談社学術文庫
岩村忍(1976)『東洋の発見 』講談社学術文庫
岩村忍(1975)『世界の歴史5 西域とイスラム』中公文庫
長澤和俊(1993)『シルクロード講談社学術文庫
A・ヘルマン(1963)『楼蘭 流砂に埋もれた王都』平凡社
赤松明彦(2005)『楼蘭王国 ロプ・ノール湖畔の四千年』中公新書
松田寿男(1994)『砂漠の文化』岩波書店
松田寿男(1992)『アジアの歴史』岩波書店
加藤九祚(1995)『中央アジア歴史群像岩波新書
加藤九祚(2013)『シルクロードの古代都市 アムダリヤ遺跡の旅』岩波新書
樺山紘一ほか(1998)『岩波講座世界歴史2 オリエント世界』
樺山紘一ほか(1999)『岩波講座世界歴史3 中華の形成と東方世界』
樺山紘一ほか(1998)『岩波講座世界歴史5 帝国と支配』
樺山紘一ほか(1999)『岩波講座世界歴史9 中華の分裂と再生』
樺山紘一ほか(1999)『岩波講座世界歴史10 イスラーム世界の発展』
樺山紘一ほか(1997)『岩波講座世界歴史11 中央ユーラシアの統合』
樺山紘一ほか(1998)『岩波講座世界歴史13 東アジア・東南アジア伝統社会の形成』
樺山紘一ほか(1999)『岩波講座世界歴史15 商人と市場』
NHK取材班(1980~81)『シルクロード 糸綢之路1~6』日本放送出版協会
NHK取材班(1983~84)『シルクロード ローマへの道1~6』日本放送出版協会
NHK取材班(1988~89)『海のシルクロード1~6』日本放送出版協会
NHK取材班(2005)『新シルクロード1~5』NHK出版
NHK取材班(2007~08)『新シルクロード 激動の大地をゆく上・下』NHK出版