奈良大学通信まよい鹿

奈良大学通信教育部に入学しました

いまさらならまち

このoutbreak(……pandemic?)で
奈良公園の観光客ががた減りして、
昨年度の10分の1に落ち込んでいるとか。

奈良大学通信在籍の皆様が
スクーリング等で来寧されることも
奈良にとってはもちろん益であり、
それもこれも絶たれては。

いや、これは汎世界的不況であって、
奈良だけの問題ではないのですが。

で、いまさら、ならまち、です。
奈良県民として、奈良観光に幾許かの
益を落としに行ってきました。


f:id:keikakeikakeika:20200301142324j:plain
桶? そう、湯桶です。
お湯にぷかぷか浮かんでいるのは
蛸ではなく、布巾包みのお茶の葉。
そして、お湯に沈むは
足つぼ刺激の丸石。


f:id:keikakeikakeika:20200301142451j:plain
手ではありません、足です。
お見苦しくも私の足、
鰭みたいな趾、生まれつきです。
すみません、半魚人みたいで。

瓊花さん、いったいどこで何を?
なんのことはないです、
このとおり、足湯に浸かっております。

……ならまちで?


f:id:keikakeikakeika:20200301142618j:plain
そう、ならまちで。
ここは奈良市元興寺町
『足湯カフェ 茶の湯』。
ごはんやコーヒーを飲食しながら
吉野杉の桶で足湯を楽しめるのです。

元興寺町、とはいえども、
元興寺本堂からは離れています。
このカフェ、小塔跡に近いかな。
私たち親子3人も、
ふらふらならまちをさまよって
不意にここへ辿り着けたのです。

今風のカフェと、
少し色褪せたようなカフェなら、
後者を採るのが私たちです。
食事も喫茶も
落ち着いて味わいたいので。


f:id:keikakeikakeika:20200301150105j:plain
午後1時過ぎ。
昼食の繁忙期が過ぎていたのでしょう。
私たちだけがお客でした。

ご亭主、とても良いお人柄。
丁寧で親切で誠実。
最初は足湯も息子だけに注文しましたが、
あまりにもご亭主の接客の姿勢が
すばらしくて、私も主人も足湯を追加。

お香かな、神経に障らない
とても良い香りが外まで漂っていて、
ふらりと中へ入って、大正解。


f:id:keikakeikakeika:20200301142804j:plain
玄米ランチ。1,200円。
これがもう、おいしくって!
メインの鶏の煮込み、炒り玉子、
伽羅蕗、風呂吹き大根、酢の物、
豆腐、菜の花和え、茄子の鍋しぎ、
お味噌汁、玄米ごはん、お茶まで、
ぜんぶ一味何か工夫がされていて、
見た目を数段上回る豪華なおばんざい!

無口な主人が
「これは値段以上の価値ある」と。
「来て良かった」と。
へえ、おべっかは絶対言わない
おたくがそこまで褒めるなんて。

デザートのヨーグルトもおそらく自家製。
ご亭主は独学でこんなに上品で豊かな
味付けを習得されたそうです。
とっても謙虚なご亭主。
以前のお住まいが、
なんと我々の現住所の隣町!
話がとても弾みました。


f:id:keikakeikakeika:20200301150551j:plain
本日のランチの看板。
我々がお昼のお客の最後でした。

足湯、とっても気持ち良かった。
全身がぽかぽか温まりました。
ならまち散策に疲れたときなど、
ほっと一休みにもってこい。

いいお店、見つけました。


f:id:keikakeikakeika:20200301150543j:plain
お店の隣は白山神社
神社の境内には奈良市の保存樹の大銀杏。
実はならないそうですが、
樹齢100年の大木で、金色に葉が色づく
秋の光景は盛観だそうです。

「また来ます」
と主人がご亭主に告げました。
主人、こんなこと滅多に口にしないので、
よっぽど居心地が良かったのでしょう。
おしゃべりな私がつべこべ述べるより、
説得力があります。
「次は、『お帰りなさい』って、
お声かけますね」とご亭主が主人へ。

重ねて言います。
茶の湯、とても良いお店です。


f:id:keikakeikakeika:20200301150747j:plain
猫がころころ転がるならまち。
いたるところで猫をみかけます。
これがまた人馴れした町猫ばかり。


f:id:keikakeikakeika:20200301152500j:plain
奈良町資料館。
ちょっと、いまさら。
息子は釘付け。
しかし改めて見ると、
ここの巨大さるぼぼ、kitschですねえ。


f:id:keikakeikakeika:20200301152623j:plain
あれ、ここは初めて。
『ならまち にぎわいの家』。
2015年にオープンしたそう。
へえ、知らんかった。
うなぎの寝床、奥へ奥へ続く
典型的な表屋造です。


f:id:keikakeikakeika:20200301152835j:plain
中庭の前栽が和みます。
植物も、家屋も、
人が手入れをすればするだけ
ちゃんと応えてくれます。


f:id:keikakeikakeika:20200301161311j:plain
屋根に猫ちゃん。
落ちないもんだね。


f:id:keikakeikakeika:20200301161321j:plain
ここは『ならまち工房』。
ちいさなお店が集まる複合施設。
屋根だけじゃなく、
お店の中にも看板猫がいました。


f:id:keikakeikakeika:20200301161409j:plain
君、よくよく見ると、
ふくふく肥えて。
それでも屋根から落ちない。

猫や犬が大切にされているのは、
ほんとうにうれしい。
動物が豊かに暮らせる町は、
人間も豊かに暮らせる町なので。

ならまち。
幼いころから通ってきた町で、
しかも、
なんだかすっかり気軽な観光地に
変わってしまって、
わざわざ目当てに向かうことも
久しくなかったのですが、
来てみて良かった。

大阪や京都の繁華街に似てきて、
お店があぶくのように現れては消え、
それでも残るお店は新旧問わず、残る。

生き残ったお店は、
ならまちの風景に溶けるがままの
自然体です。

私も自然に刃向かうことなく、
その化身、龍の背に飛び乗って、
ふわふわ漂ってみようと思います。