まほろばに神鹿を追って

Chasser le cerf de Dieu à Nara

水の階(きざはし) 丹生川上神社下社

7月も今日で終わり。
名古屋での学会もなんとか収めて、
やっとひと息。

左右とも視力はとても良いのですが、
視神経がおかしくなって、
焦点がぶれぶれの日々。

やりたかった仕事に就けて嬉しい反面、
いろいろ犠牲にしたとも、思えます。

認めてくれる職場でありがたい反面、
体を壊していったい何になるのか、
真剣に考え始めています。


f:id:keikakeikakeika:20190729074729j:plain
7月14日、吉野郡下市町の
丹生川上神社下社(しもしゃ)へ参りました。
水色の幟が壮観。

丹生川上神社は、吉野山中に三社あります。
下市町の下社は丹生川に沿って。
東吉野村の中社(なかしゃ)は高見川に。
川上村の上社(かみしゃ)は紀の川に。

いずれも川のそばちかくに佇む社です。
祈止雨祈願、いずれも龍神水神がご祭神。


f:id:keikakeikakeika:20190729074820j:plain
拝殿から丹生山頂の本殿まで
日本最長の木製75段の階を望む。

階は、飛鳥時代創建1441年目の会社、
金剛組によって150年ぶりに修復され、
今年6月1日に
社殿修復終了の遷座祭が行われたばかり。
総檜造の階からは、
とても良い木の香がただよっていました。

よく見ると、ご神木を傷めないように
屋根や手摺が工夫されています。
すばらしい、自然も階の一部なのです。


f:id:keikakeikakeika:20190729074907j:plain
6月1日の例祭の日だけ、
階を登って本殿までお参りできます。
拝殿から覗く階、
なんだか龍のおなかをくぐるようです。

ご朱印をいただきに社務所へ向かうと、
皆見宮司様がうちの息子へ
お菓子を授けてくださいました。
息子と私、びっくり。
国政を担うほど地位の高い方なので
お名前は出せませんが
丹生川上神社様に縁ある篤志家の方が、
7月15日の海の日のお祭りに際しお供えを
たくさんご奉納されたそうです。
「お子さんがお参りに来られたら、
ぜひお下がりとして差し上げてほしい」
との一言を沿えられ。

7月14日、この日は雨。
主人は、神社で大切に飼育されている
白馬と黒馬を眺めに厩舎の前にいました。
晴れの日は、
境内の馬場で遊んでいる2頭です。

で、私はしばらく
皆見宮司様とお話をさせていただきました。
こちらの神社様は
いつも前を通ってはいたけれど、
きちんとお参りさせていただいたのは
これが初めてです。
昨日、主人が奈良テレビ放送の番組で、
こちらの神社様を拝見し、
白馬と黒馬が飼われていることを知り、
「行きたい!」と思い立ったので。
息子は小さい頃、丹生川上神社上社様で、
龍の珠をお下がりとしていただいています。
こちらではお菓子を頂戴して、
なにかとご縁があるようで、
ほんとうにありがたいことです。

皆見宮司様は
「言挙げせず(言葉にせずとも伝わる)」と、
「ありがとうは進んで言葉にしよう」と、
一見相対するようで根は一つのような教えを
授けてくださいました。
あと、もろもろの楽しいお話を。

しばらくして若い男性の神職の方が
「今から拝殿へご案内させていただきます」
と、私たち3人と、
たまたまお参り中の方々に声をかけられ、
拝殿に上げてくださいました。

「『かけまくもかしこき』との祝詞
『言葉にするには畏れ多い』
との神様への敬意です。
そのお気持ちが何よりです」
若い神職の男性の言葉は、
この水神坐す社にふさわしい清澄さでした。

檜の香りにあふれる階、
真正面から眺めさせていただきました。
「僕、僕のおかげでみんな特別に
拝殿にあがらせていただいたのよ。
僕がいちばんに神様にご挨拶してね」と、
皆さんにすすめられて、
息子を先頭に、階に望みました。

「龍のお母さん、3番目のお母さんに、
やっと会えた気がする」と息子。
東吉野村のお母さんのところでは、
蜂に刺されたね」と私。
「真ん中のお母さん、おっかないけど、
川はすごくすーごく綺麗だった」と息子。
「ああ、『夢の淵』のこと」と私。
「3番目のお母さん、13歳くらいの女の子。
でも何千年も生きている」と息子。
「流れる水の若さ、やね」と私。

龍のおなかのなかは、格別でした。


f:id:keikakeikakeika:20190729075017j:plain
主人は白馬と黒馬の飼葉料を納め、
交通安全のお札シールを頂戴しました。
「あの子たちのご飯代になったと思うと、
すなおに嬉しいな」と主人。

朝からの雨。
ですが、水神龍神の里は慈雨の帳が
こよなく似合います。

階は昇り龍。
ここは鯖の身を奉じる御供の
儀式もあったそうです。

神様のおなかをくぐって、
いったん食べられ、そして再生する。
どんなにつらい目にあっても、
ちゃんとまたやりなおせる、
そういうふうにとらえても、
八百万の神々はお怒りになられないと
私なんかは思うのです。