奈良大学通信まよい鹿

奈良大学通信教育部に入学しました

一行金字の唐招提寺 一行銀書の薬師寺 ~美術史概論②~

一行金字一行銀書とは泉鏡花『七宝の柱』の
奥州中尊寺経について、です。
大般若経奈良国立博物館で拝観しました。
紺地に金銀で交互にしたためられたお経は、
海にきらめく波のようで、
音声(おんじょう)が流れてきそうでした。
日本の風景に溶け入った仏教文化は、
まったき自然を軸に据えているようです。


f:id:keikakeikakeika:20180121141048j:plain
苔生した小径は
鑑真和上のお墓まで導くものです。
中国の方がたくさん訪れます。
あの当時の世界的頭脳である
鑑真和上が日本の土に還られたことは、
中国の方にも感慨深いものがあるそうです。

数多あるお寺で
その建築様式や佇まいから、
私がオンリーワンに掲げるのは
南都西ノ京の唐招提寺です。
甚大ではない地所が功を奏し、
整然としたまとまりとして、
すべてが揃っているという
充足感があります。
ふところ深く、あたたかく、
淡々として、気取りもなく、
ほんとうに落ち着くお寺なのです。
私の天平の想い出箱です。

このお寺を悪く言う人はいません。
このお寺を創建された鑑真和上を
悪く言う人がいないように。


f:id:keikakeikakeika:20180119234341j:plain
蓮のころの南都西ノ京の薬師寺です。
私の独断と偏見により、
日本で最高の仏像を有するお寺として
薬師寺はベストワンに輝いています。
東大寺ではないのか? と。
そうなのです、東大寺ではないのです、
私には(悶々)。

好きとか嫌いとか超越して、
薬師寺の薬師三尊像は完璧と思うのです。
白鳳時代の精神、「怜悧」と「溌剌」が、
見上げる私を圧倒するのです。
世界でも屈指の仏像です。
よくもまあこのレベルの仏像を
あの時代の日本で製作したものだと。

東院堂の聖観音は、ほぼ等身大で、
これは大津皇子の写し身と言われています。
薬師寺自体、大津皇子の鎮魂のために
創建されたとも、言われています。
さても持統天皇が何を思っていたか、
余人には計り知れないことです。
しかし、薬師寺の根本を貫くものは、
持統天皇の意志のほかにないでしょう。

「凍れる音楽」との比喩、
その美意識も政治的姿勢も、
持統天皇にこそふさわしいかと。

一行金字の唐招提寺
一行銀書の薬師寺
奈良の仏教美術の底力、二巨頭です。