奈良大学通信まよい鹿

奈良大学通信教育部に入学しました

西洋史概論

誰も見たことのない夢 ~西洋史概論⑥~

「瓊花さん、『銀英伝』、好きでしょう?」 とbrainからズバリ的中されました。 「え、逆に、『銀英伝』嫌いな人、います?」 と私の返答。「読む読まないの選択肢くらいかな」 「あれ読んだら、 政治ってキッタネ~と鼻白みつつ、 もう一歩、踏み込んだ境地…

彼らは地上を荒野にする津波ではなくて人間なのである ~西洋史概論⑤~

西洋史概論のレポート課題、 私は当初、 「キリスト教の発展と古代末期の社会」 で進めていました。 しかし、易きに流れて 「ヘレニズム諸国の興亡とその意義」 へ変更しました。できあがったレポートは 得意分野でもあって 小綺麗にまとまりましたが、 後味…

親愛なるわたしのマルク ~西洋史概論④~

西洋史概論を書き直そうかと ここ数日考えていました。 それとは別件で、 マルクス・アウレリウスの 言葉を必要とする心境になり。私はこの哲人皇帝が 古代ローマ史の登場人物の中で、 いちばん好きなのです。敬愛する作家 マルグリット・ユルスナールの代表…

さいはてのヘレニズム ~西洋史概論③~

私は濫読家ですが、 私の生家はけっして読書家ではなく、 それがゆえ、未就学児の私が 絵本代わりに読んでいたのは 当時母が見栄で買いそろえた 世界文化社の通史『世界歴史シリーズ』。 なかでも第4巻『ヘレニズム』は、 私の目交い、半月刀でピッと裂くよ…

Comme le Soleil  太陽のように ~西洋史概論②~

先月のスクーリングで授業の合間、 通信教育部棟を彷徨している際に、 2018年度の入学案内を発見しました。 入学済みの身ですが、頂戴できました。 左がその2018年版です。 右が私が入学を決めた2017年版。 どちらも奈良興福寺の阿修羅王。 はー、見れば見る…

Domine, quo vadis? ~西洋史概論①~

先日の奈良散策、ツツコワケさんに 高畑町までご一緒していただいたのは、 西洋骨董店『満月アンティーク』に 取り置きしてもらっていた この聖母子のメダイ(メダル:記章)を 受け取りにいったからです。キリスト教に関する装飾品を クリスチャンではない私…