奈良大学通信まよい鹿

奈良大学通信教育部に入学しました

奈良だより

止と観とは互いに他を成立せしめて不離の関係にある ~お水取り逍遥~

昨日は息子の模擬試験の送迎のため、 会場が設定された奈良市街へ。 息子、初めての模試なので緊張気味。 最初だから気楽にね、と送り出し。息子を迎えに行くまで、 2時間以上も空き時間あり。 佐保川を東へ沿って、 東大寺まで散歩することに。中御門跡か…

古代ガラス製作体験記 国営飛鳥歴史公園 古代ガラス工房 ~考古学特殊講義④~

先週の月曜、夕食を作っている最中、 包丁で左示指を切ってしまいました。 それ以来、左肩がむずむずして、 金曜には上腕まで痺れてきました。 止血のため左示指の第一関節に 絆創膏をきつめに巻き続けていたので、 気休めにそれを緩めてみた途端、 左肩から…

懺悔は散華になりにけり 興福寺と東大寺 ~考古学特殊講義③~

昨日は所用で奈良市街へ。 用はすぐ済んだので、 興福寺と東大寺を学外授業感覚で 訪ねてみることに。 興福寺へ向かうには、 私なりのコースがあります。近鉄奈良駅から歩いて3分、 東向商店街の街頭テレビと 小路谷写真館の間の坂道に着きます。 この名も…

欲がなく、強く、優しく。 ~山口百恵ファイナルコンサート 劇場版『鬼滅の刃』無限列車編~

昨日、NHKで 山口百恵さんのファイナルコンサートが 放映されました。 こんな浮き浮きしてテレビに向かうの、 まるで昭和の時代のようでした。百恵ちゃんは70年代の大スタア。 70年代生まれの私は リアルの百恵ちゃんを 正直あんまり覚えていないのですが、 …

一陽来復の春の色 ~日本市 奈良三条店~

昨日は息子の術後診察日で、 近鉄奈良駅最寄の形成外科へ。 術後の経過観察は来月で終診ですが、 息子はおでこのニキビを先生に指摘され。 外用薬を処方されたので、 当分リピーターとなりそうです。奈良県で奈良市が最も繁栄しているので、 当然ながらクリ…

Brother Sun, Sister Moon. 薬師寺と唐招提寺 ~考古学特殊講義②~

諸事情により今日は休暇で、 午後から西ノ京へ。 薬師寺、久しぶりです。 3月並みの陽気。 梅が三分咲き。 明日からしばらく雨なので、 蕾が固まってしまうなぁ。 復興して40年の西塔。 だいぶ古都奈良に馴染みました。 東塔! 10年以上に及んだ修理も終了…

妄想スクーリング計画 ~考古学特殊講義①~

この土曜日曜、私がお仕えしている 教授が理事長である医学会、 その年一度の学術集会が開催されます。 3月退官の教授が医師業の集大成として 今年度の学会の主催、 学術集会長を担うのです。しかし、 それはWeb配信によるもので、 対面学会でもって今年定…

風の森のお酒を買いに西大寺まで ~奈良県御所市 油長酒造~

12月25日は金曜で仕事でしたので、 ChristmasPartyは26日土曜の夜に。 ケーキもピザもチキンも出来合ですが、 フルーツポンチは作りましたで! 橿原市の洋菓子屋さん Pâtisserie Neiroのクリスマスケーキ。 人気急上昇中のお店、 クリームがとてもフレッシュ…

「幸せだなぁ、 僕は奈良にいるときが、 いちばん幸せなんだぁ」 ~春鹿から猿沢池まで~

昨日は息子の術後1か月の診察にて 奈良市街まで。 寒い、雪が降りそうな曇天でした。 経過良好で診察終了。 餅飯殿町の商店街をぶらぶら。 普段の土曜日より人足は疎ら。 いつもなら行列ができている 「肉のおかにし」も空いていて、 名物のコロッケをすぐ…

若宮よ、若宮よ。 ~奈良春日若宮おん祭~

息子が通う小学校は、 奈良春日若宮おん祭のお知らせを 全生徒へ配布しました。 今年は新型疫病退散の祈りも兼ね、 感染拡大防止としてネット配信での おん祭拝観となります。私の誕生日は12月16日、 良弁忌のその日であり、 おん祭の宵宮その日でもあります…

「ならまち」と「きたまち」を歩くには

先週は息子の疣切除手術で気もそぞろ。 局所麻酔とは雖も 息子には生まれて初めての麻酔下手術、 「おとなしくされていましたよ」の 先生の言葉と共に、 約10分の手術時間を経て 息子は笑顔で無事帰還。私は病院選びは あまり失敗したことがないのです。近鉄…

反転された黄道 ~キトラ古墳壁画天文図~

第17回国宝キトラ古墳壁画の公開、 行ってきました。 今期の公開壁画は 西壁の白虎と天井の天文図。昨日の9時45分の一番で観覧しました。 コロナ対策で、 壁画管理室に入室できるのは 10名15分。 ゆったり観られて嬉しいのですが、 これも勿怪の幸いなので、…

珊瑚のなかの神鹿 ~もちいどのセンター街 下御門商店街~

昨日は、近鉄奈良駅最寄りの 息子のかかりつけの形成外科へ。 疣の切除のため、 土日でも手術可能なクリニックです。奈良の商店街は観光客が舞い戻り、 俄かに賑やかな雰囲気に和む反面、 これも嵐の前の静けさの懸念がよぎり。世界が軒並みロックダウンのさ…

いざ魔を討ち破らん! ~第72回正倉院展~

第72回正倉院展、開幕。 奈良国立博物館の庭園、八窓庵。 正倉院展観覧後の奈良の夜空。 昨日の月は上弦。 今日の月はおかしなもので、 息子をいつもの息子と異なる、 私にそっくりな顔だちで写しました。 これが息子とはわかるまいし、 私の顔ではあっても…

古代飛鳥の色が目に染みる ~明日香村 水谷草木染~

台風一過、明日香村立部、 橘寺と稲淵宮跡のあいだほど、 古代の技法での草木染を体験できる 水谷草木染さんへ行きました。私は染色に興味あれども、 小さいころ鳳仙花で爪を染めた程度、 本格的な染色はこれが初めて。 わくわくどきどきでした。 10時の予約…

もういくつ寝ると正倉院展

第72回正倉院展の開催を知ったとき、 正直、「大丈夫?」と危惧しました。 完全予約制と知り、安堵。 ちなみに、昨年度の正倉院展、 20日間で27万人以上の入場者数。 今年は17日間の開催と短く、 入場者も1時間260人に制限。これは、1日あたり13,500人から…

秋の蝉 春の雪

竹内結子さんは、 奈良の飛鳥を舞台にした 『あすか』の和菓子職人役が とても印象深く、 地元民はこぞって 「あんな綺麗で可愛らしい子が 奈良をアピールしてくれるやなんて うれしいわあ」と喜んでいました。ほんとうに、 美しさと愛らしさ、 強さと儚さ、…

神域で遺跡で遊べる者 ~布留石上神宮から磯城鍵唐古遺跡へ~

土曜は息子の10歳の誕生日。 行きつけのネパール料理屋さんで カレーのディナー。 息子にはサービスで マンゴーソースたっぷりの ココナツプリンが振舞われました。 「大きくなったね」の言葉とともに。 こんなときに限って、 スマホを家に忘れ、写真が撮れ…

地獄の釜の蓋も開く ~夏休みワークショップ~

8月9日、夏休みのお楽しみ第一弾、 ご近所の奈良県立民俗博物館での 「夏のワークショップまつり」へ。 ここは、 奈良大学の博物館学芸員コースの 実習の場でもあります。 古民家群を囲う、ふんだんな自然。 すばらしい博物館です。現在、博物館学芸員資格取…

『よみがえる正倉院宝物 -再現模造にみる天平の技-』 ~奈良国立博物館~

昨日、夏季休暇を1日もらって、 奈良国立博物館まで出向きました。 開催中の特別展、 御大典記念『よみがえる正倉院宝物 -再現模造にみる天平の技-』が目当て。主人は仕事でしたので息子とふたり、 曇天で風も吹く、 耐えられる暑さの奈良の空の下、 だか…

とりもどされた光 ~映像作家・保山耕一さん~

これは私の最も古い記憶、 二上山に沈む夕陽。 保山耕一(ほざんこういち)さん、 奈良県生駒市在住の映像作家、 やまとの光景を映し出す導き手として 当世一の方です。保山さんの作品、 NHK総合『映像詩 やまとの季節』の 一幕。 テレビの画面越しに撮影した…

Picnic at キトラ古墳

飛鳥から高取町の土佐街道に 移転された「すこ。」さんへ、 テイクアウトのランチを取りに伺いました。 すこ。さん、大人気のお店ですので、 予約が必須です。 柏葉紫陽花に惹かれて。 こちらは「明日香窯」さん。 雛祭りの時期、見事なコレクションを ご披…

吾が見が欲し土は 葛城高宮 吾家の辺り ~私の心の葛城磐之媛~

我が家は近鉄ケーブルネットワークに 加入してテレビを視聴しています。 いつも楽しみにしているのが、 『大和の車窓』という 運転席からの眺めの近鉄電車路線を 30分間延々と流してくれる、 ちょっとした旅気分の番組です。 これは橿原神宮前駅から 大阪阿…

なんだ坂 こんな坂

最寄りの図書館のホームページから オンラインで蔵書を検索し、 予約リクエストしていた書籍、 取り置きの知らせがメールで届きました。 図書館では、小さな窓口で、 感染防御カーテン越しに、 予約していた本を受け取ります。新型コロナウィルス対策が始ま…

名画の残欠が美しいように美しい ~奈良公園逍遥~

志賀直哉がとにかく美しいと 褒め称えた奈良の都の夢の跡。 それらを切れ切れの 名画の残欠の美しさになぞらえて、 うまいこと言うなあ、と思います。ですが、志賀先生、 13年過ごして奈良を離れました。 時代に取り残されてしまう、 埋もれてしまうと懸念さ…

世間虚仮、唯仏是真。すべて無駄、それでも生きてゆく。 ~私の『日出処の天子』論~

明日は自宅勤務、夜更かししています。 我が医局もパンデミック対策に入りました。昨日から、女性対象の匿名サイトでの 『山岸凉子作品好きな方』という トピックに参加して、遊んでいました。 この手のサイトは玉石混交ですが、 ときに玉どころか 金脈まで…

尊敬するひと ~一宮尊良親王~ 歴史文学論②

先週末、関西ローカルテレビで、 緒形拳主演『将軍家光の乱心 激突』が 放映されていました。 この1989年バブル経済末期の作品、 今回まともに観て、 素直に面白いと感心しました。 あー、こんなんだったよな、 昭和の終わりごろの日本映画って、 やたら元気…

世にあれば 世を思ふばかりぞ ~東大寺二月堂~

先月、桜が咲き始めたころ、 東大寺へ行きました。 用向きは、 奈良親子レスパイトハウス 10年の歩みの写真展。 写真集、頂戴しました。 ご存じの方もいらっしゃるかも。 東大寺大仏殿の中に、 奈良親子レスパイトハウスへの 義援金箱が設置されているのです…

お姐さん、顔が卑怯だから! ~さよならするのはつらいけど~

けんちゃん、お姐さんも泣いてるよ。 奈良の街も、涙雨に濡れてるよ。

龍の眠る丘 ~飛鳥岡寺~

3月20日春分の日、 遠出は控えて飛鳥へ行きました。 明日香村が近傍、というのも、 奈良県民ですので。風は多少きつくとも陽射しが暖かで、 絶好の行楽日和。 ですが、万葉文化館の駐車場はガラガラ。 辛夷の白い花がほのぼの咲き、 こんな麗らかに萌えいず…