奈良大学通信まよい鹿

奈良大学通信教育部に入学しました

喫茶みりあむにて

8月は、
公私ともに多忙、多忙、多忙……(鎮)。
ブログ、ほとんど更新できませんでした。
ちょっと気持ちの整理もついたので、
溜めこんだ情報を処理します。


f:id:keikakeikakeika:20180823073841j:plain
8月12日、奈良市高畑町の
「喫茶みりあむ」さんへ行きました。
10年以上前から、ふらりと通っているお店。

みりあむさん、
どの旅行誌にも掲載されているので、
奈良ではけっこう有名なお店だと思います。
でも、外見はこの通り、レトロ素朴で、
一見さんは入りづらい傾向ではあるそうで。

たしかに、みりあむさんは、
常連さんがまったりとたむろするお店。
でも、ご主人の坂本さんも、
奥さんのミリアムさんも、
とってもあたたかい、やさしい方たちで、
古美の奈良の趣を好む方はきっと、
みりあむさんにしっくり馴染むかと。


f:id:keikakeikakeika:20180823073953j:plain
手前、息子が食べているのが、
ハンガリー風のシチュー。
おいしいんだあ、これが。
よくタッパー持参でテイクアウトしました。
鶏肉と玉葱、あとは……ミリアムさん、
作り方教えてくれますよ、気軽に。
つけあわせのもやしも、
シチューにぴったりのさっぱり味。
老若男女に愛されるシチューです。

奥のカレーは、
さらさらのスープタイプ、
いぶされた、すすけた味わい。
これもみりあむさんでしか食べられない、
スパイスたっぷり、くせになるカレーです。
ちまたでは麻薬カレーと呼ばれていて、
本当、ときどき無性に食べたくなります。
からいです! おとな向き!


f:id:keikakeikakeika:20180823074051j:plain
そして、ガトー・オ・ショコラ。
私には世界一おいしいチョコレートケーキ。
しっとり、でもほろほろこぼれる生地。
深い味、でも甘ったるくない。
素朴なのに上品、おいしいわ、ほんまに。

ミリアムさんはフランスの方。
とてもきれい、そして、かわいい方です。
うちの息子の成長を楽しみにしてくださり、
この日は同い年の孫娘さんをご紹介。
ミリアムさんのおとなびた孫娘さんに、
うちの息子は緊張してしまいました(笑)。

「こどもはあっと言う間に大きくなるね、
このあいだまで赤ちゃんだったのにね」
ミリアムさん、流暢な日本語で仰います。
ほんとだな、
奈良の春日の里に来ると、
時間なんか止まったようなものですが、
こうして若い芽は確実に育っている――。

――年とるのも、悪くない。
そう思えました、真夏の奈良で。