奈良大学通信まよい鹿

奈良大学通信教育部に入学しました

生みの苦しみ

はやめのクリスマスを楽しみ、
PCでブログをチェックしたところ、
昨日今日でアクセスが急増しており、
驚きました。

奈良大学通信在学中のみなさま
レポート作成に難儀しておられる、
そう認識しました。

テキストを熟読する。
参考文献を駆使する。
通信教育の基本ですね。
いずれにしても、
本を読むことが苦手な方は、
かなりつらいかと。

それから文章をものしていく。
これも不得手な方は、
滅法つらいかと。

私はこんなふうに
ブログでああでもないこうでもないと
言葉のはざまを逍遥できることからして、
読むこと、書くこと、
双方とも好きです。

カエサルのものはカエサルに。
つまり、
レポートを書くにはレポートを読むのが
いちばんの早道ではないでしょうか。
つまり、
先達の著作を読みあさるということ。
ふりだしにもどる……
やっぱり読むしかないのだと。

私の好きな作家のひとり
宇野千代は、
誰だって小説は書ける、
毎日机の前に座って一文字でも
書き続けることができる人ならば、
と言っています。

継続。
それしかないのだと。


f:id:keikakeikakeika:20171223230557j:plain
丹生川上神社上社龍神の珠です。
2年前の夏、この吉野川上村のお宮で
息子がおみくじでなんと凶をひくと
(凶なんて初めて見ました)、
お宮の方が我々を本殿にあげてくださり、
息子に御祈祷をあげてくださり、
なおも息子にこのお守りを授けてくださいました。
ある意味龍神さまに選ばれた子だと。
息子はそれ以来、大事なときに雨が降る
立派な“雨男”になりました。
息子は龍神さまのことを
“龍のお母さん”と呼んでいます。

玉と珠のちがいは、
珠は主に水産のものを指すそうです。
ですのでこれは“珠”ですね。

苦しんでおられるみなさまにも
恵みの雨となりますように。